いい男といい人の違いは
端的に定義すると、いい男とは信念の持ち主のイメージですが、いい人とは八方美人的なイメージを抱きます。
では、八方美人とはどの様な人なのでしょうか?

八方美人はあまりいい意味で使われないことが多い様ですが、実際にはどういう特徴を持つ人のことを言うのでしょう。またどうすれば見分けることができるのでしょうか?

八方美人の長所と短所をピックアップしてみます
「八方美人」は調子の良い人や、皆に愛想の良い人に対して良く使われる言葉ですが、八方美人の本当の意味を御存じでしょうか。

まず八方美人の八方とは四方八方の八方であり、四方の東、西、南、北に北東、北西、南東、南西の四つの方角を合わせて八方の方角になります。

転じて八方美人とは八方の方角(どこを向いても)に欠点のない美人、すなわち「だれに対しても上手く要領よく付き合える人」として使わる四字熟語になります。

しかし現在では軽く皮肉めいて使用することもあります。
さああなたは八方美人なのでしょうか

八方美人な人の特徴と心理
八方美人の特徴として、皆と仲良く出来ることがあります。
そして気配りができ聞き上手です。誰しも初めて出会った人に何を話していいのか迷ったりしますが、八方美人の人は自分からも話し始めますし相手の話を親身になって聞きます。

そのため周りの人はすごく話しやすく、八方美人の人は相槌も上手なのでとても親近感がわく存在です。

協調性があり皆のムードメーカー
自分より周りの人の意見を優先し、また会話の中で偏った話し合いになりそうになったら皆が納得して仲良くなる方に話を持っていくのがとてもうまいです。

そうして皆の中心的な存在になりやすいです。

八方美人な人は、自分よりも相手優先になってしまいますので自分の意見を曲げてでも、時には嘘をついてでも相手の意見を尊重する傾向があります。
また他人に嫌われるのを恐れているので、自分が嫌でも相手中心にしてストレスで疲れ果ててしまうようです。

八方美人はここを治せ
八方美人の人はいい人であろうとするあまりに自分で自分にストレスを作ってしまいます。
そしてそのストレスで疲れてきたり、対人関係で悩んで最後にはドロップアウトしてしまうのです。

八方美人でも嫌われる
八方美人は皆に愛され、ムードメーカー的存在で非の打ちどころがないように見えますが、その八方美人を嫌う人も中にはいます。
例えば、誰とでも話を合わせて調子が良いとか、人の話ばかり聞いて自分の意見が無い人、ごますりな人、いつもへらへら笑っていてバカみたいだ、などと嫌われてしまいます。

八方美人にはよく陥りやすい罠があります。例えば友人AさんとBさんがいる時に、AさんにはAさんの話に合わせて、BさんにはBさんの話を合わせて話をするとします。
その後AさんとBさんと八方美人の人と3人で話をするときにAさんとBさんに話した内容が食い違う時があるんです。

八方美人の人は自分では相手に話を合わせて上手く事を運んだと思っているのですが、同じ内容を違う人と話した時に違う形式で話し合った結果、同じ内容で話した人たちと一緒に話をすると、AさんとBさんに話した内容が相手に合わせてしまったあげく3人で話した時には全然話が合わなくなるのです。

その時にAさんとBさんは「ん?この人私に話してる内容とあの人に話してる内容が違ってる…」となりAさんBさんが不信感を抱いてしまう時があります。
八方美人の人は周りにいい顔ばかりして話の辻褄が合わなくなる罠があるのです。

八方美人が陥りやすい罠の打開策

先ほど記述した「八方美人が陥りやすい罠」の打開策としては、個々の人に対して話を合わせるのでは無く、やはり自分の信念を持ち、相手の話をよく聞き理解しても、自分ならこの様に考えます。
と自分の考えを言うべきです。

いい男として外見のみならず、内面的な信念や信条のようなものを、このサイトでは探っていきたいと考えて立ち上げました。