男性の容姿に関する悩みは多種多様ですが、その中でも髪に関する悩みはナンバー1に匹敵する悩みだそうです。

毎日シャンプーはしているのに、なぜフケやカユミが治らないのだろうか?
若ハゲ、若白髪は遺伝なので諦めてしまう人も多数おられます。
タカがシャンプーなんて、思わなく正しいシャンプーだって、立派な美容、ヘアケアです。

そこで、シャンプーなどを含むヘアケアについて徹底解説していきますので、ご参考にしていただきたいと思います

シャンプー方法

ヘアケアの基本はシャンプーが1丁目1番地です。きちんと洗って、頭皮、毛髪の汚れやフケを洗い流して、清潔に保つことはヘアケアにつながります。
まずは、基本的なシャンプーの仕方をしっかりマスターしましよう。

シャンプー前に、ブラッシング
まずは、ヘアブラシでほこりや頭皮についているフケを取り除く、毛先のもつれを少しずつほぐしてから、根元から毛先に向かって丁寧にブラッシングをします。

正しいシャンプーの仕方
1. あらかじめ、お湯で軽く汚れを落とす(予洗い)
2. シャンプー剤を手のひらに取り、両手に広げた後、髪全体になじませ、よく泡立てる
3. 爪を立てず、指の腹を交差させるようにしながら、生え際から頭頂部に向かって地肌をマッサージするように洗う
4. スタイリング剤を多くつけていたり、汚れがひどい場合には、2度洗いする。1回目にザッと汚れを落とし、2回目に頭皮をしっかり洗います。
5. シャンプー後は十分にすすぐ。シャンプー剤が残っていると、フケ、かゆみが出やすくなったり、髪にツヤがなくなったりするので要注意です。

リンス・トリートメントの活用法

シャンプー後のお手入れについては、リンス・トリートメントをきちんとすることも、髪の健やかさを左右する決め手です。
特にパーマ・カラー・ブリーチ等の化学処理やドライヤーの使用で髪のパサつき、傷みの気になる人や、髪を長くのばしている人には取り入れてください。

ヘッドマッサージ方法

ヘッドマッサージは、血液循環をよくし、新陳代謝を促して、地肌の働きを良好に保つため、髪の生え変わり(ヘアサイクル)をスムーズにするなどの効果が期待できます。
抜け毛、フケ、かゆみなどのトラブルを防ぐためにも積極的に取り入れてください。

ヘッドマッサージの効果
育毛料(ヘアトニック、頭皮用エッセンスなど)の働きをより高めるのが、洗髪後の頭皮のマッサージです。
毛根の細胞の新陳代謝を促し、抜け毛予防と育毛につながるため、抜け毛が気になるなら、朝夕のマッサージを習慣にしてみよう。

ヘッドマッサージの方法
シャンプー後、髪の水気をタオルでよく拭き取り、育毛料などを頭皮全体につけてから始めましょう。
1. 両手の指の腹で頭皮全体を動かすようにして頭皮をマッサージ。
2. 両手の指の腹で頭皮を軽くつまむようにして、はずみをつけて、指をはなす。

頭皮のかゆみ 原因と対策

<かゆみの原因>
頭のかゆみは、皮脂との関係で生じる。男性ホルモンは皮脂分泌を盛んにする働きがあり、皮脂分泌が多い人にかゆみも出やすい傾向が。頭皮に分泌された皮脂に含まれるトリグリセライドという成分が、頭皮に存在する微生物によって遊離脂肪酸に分解され、それが頭皮を刺激してかゆみが生じるというメカニズムです。かゆみはシャンプー後3日目ごろから増大していくとされています。

対策のポイント
・清潔第一「毎日のシャンプー」に心がけましょう。
・シャンプーはさっぱりした洗い上がりのものを選ぶのがおすすめ。
・洗髪後は、殺菌効果のあるトニックで頭皮をさっぱり保つ。

フケの原因とケア方法

頭皮の角層がはがれたものに、汗、汚れがまざったものが「フケ」。頭は毛髪が密生しているので、垢のようにはがれにくく、シャンプーやシャンプー後のケア不足により、フケとなって目立つようになります。
またフケには乾性のフケと脂性のフケがあります。
乾性のフケ
<原因>
皮脂の分泌量が少ない人に多くみられるのが乾性のフケ。頭皮を乾燥させる条件が加わると、角層細胞を密着させる力が不足して角片が余分にはがれるため、さらさらとしたフケになります。
<対策>
シャンプーはしっとりした洗い上がりのもの、頭皮にうるおいを与えるようなスカルプトリートメント、ヘアトニック、頭皮用エッセンスなどを活用しましよう。
頭皮の血行を促し、皮脂の分泌を高めるため、ヘッドマッサージを習慣づけるのがおすすめです。

脂性のフケ
<原因>
皮脂の分泌量が多い人にみられ、角片がふやけたような状態になり、しめった大きなフケが出ます。
この状態は、細菌が繁殖しやすく、細菌の分解物がかゆみや炎症につながりやすいので要注意です。
<対策>
毎日のシャンプーで清潔第一を基本として、シャンプーはさっぱりした洗い上がりのものを選び、殺菌効果のあるさっぱりとしたタイプのヘアトニックを使うことがおススメです。

抜け毛 

原因と対策

頭髪に関する1番多い悩みは、この抜け毛で、いつまでも健やかな髪を維持するために、頭皮、頭髪の入念なケアを心がけましょう。
ケアの開始は、早ければ早いほど効果的です。

原因①汚れ
頭皮に分泌された皮脂や垢、皮脂に付着したほこりなどをそのままにしておくと、毛穴がつまってしまい、毛髪の成長を妨げて抜け毛が増えることがあります。
また、頭皮に蓄積された皮脂が微生物などによって分解され、刺激物質となって毛根に悪影響を与えることもあり、これも抜け毛につながります。

原因②炎症
頭皮が部分的に細菌感染したり、かぶれたりして炎症をおこすと、抜け毛や脱毛がみられる場合もあります。このような時は、専門医の診断を受けることをおススメします。

原因③血行不良
血行不良で、毛根に十分な栄養が補給されなくなることも要因のひとつです。
正常なヘアサイクルが保てなくなるため、本来ならば成長期にあるはずの毛髪が、早い期間に休止期に入ってしまい、大量の抜け毛が発生してしまいます。

原因④ストレス
円形脱毛症に代表される病的な抜け毛については、強いストレスが引き金となって、毛母細胞が分裂を止めてしまうため、成長期の毛髪が抜けていく状態がおこります。
自然な抜け毛と比べると毛根の先端部が異なります。
男性ホルモンと女性ホルモン
毛髪はホルモンの影響を受ける。女性ホルモンは毛髪の成長を促進する働きがあるが、男性ホルモンはむしろ抑制的に働くとされています。
そのため、男性のほうが年齢的にも早い時期に毛髪の太さのピークを迎え、毛髪が細くなりはじめるのも女性より早くなります。また、抜け毛の割合も多いとされています。

特に、頭頂部から前頭部にかけての部分は、男性ホルモンによって支配されており、毛髪の成長に影響を与え、薄くなったり、毛髪がベタつく、フケが多くなる…といった悩みも出てきます。
若年から生じるのが特徴で、遺伝的要素があるといわれています。

<対策>
頭皮・毛髪を清潔に保つため、毎日シャンプーをする。
頭皮の血行を促進し、毛髪を生みだす毛母細胞の働きを助ける、ヘアトニックを使い、ヘッドマッサージを行うこともおススメです。

男性型脱毛について

20代以降の男性にみられる薄毛の現象。病的なものではなく、男性の生理的な経年変化と考えられています。
一般的に東洋人は西洋人より割合が少ないとされているが、日本人の40代では半数くらいにみられます。

<原因>
残念ながら、多くの研究にもかかわらず、いまだ原因は解明されていない。遺伝的要因、ストレス、加齢などの要因が複雑にからみあって生じると考えられています。
ただし、その中で男性ホルモンが関与していることは確かめられています。
男性型脱毛症は毛髪の本数が減少すると考えられがちだが、実際は、薄毛の進行時でも、毛髪本数はほとんど変化しない。薄毛は、ヘアサイクルが短くなることによる毛髪の産毛化(ミニチュア毛包化)が主な原因で、脱毛したように見えている状態。 進行すると、脱毛状態になることもあります。
男性型脱毛は、O型、M型、MO型の3種類に分類され、典型的なものがO型で、つむじのあたりから円形に薄毛が進行します。
M型は比較的若者に多く、いわゆる「そりが入った」ような額から薄毛が目立つようになり、MO型はこの両者をあわせたもので、ある程度薄毛が進行した人に多くみられます。

<対策>
日常生活で気をつけたいこと
原因が解明されていないことから「これがよい!」ということは一概に言えないが、日常の見直しで早めの予防対策を心がけましょう。
1. 睡眠、食事などに注意し、ストレスを避ける
2. 頭皮・毛髪を清潔に保つため、毎日のシャンプー
3. 頭皮の血行を促進し、毛髪を生みだす毛母細胞の働きを助ける、育毛効果の高いヘアトニックを使い、ヘッドマッサージの実施。

白髪 原因と対策

白髪とは
毛髪の色を決定しているのはメラニン色素。毛球内の色素形成細胞(メラノサイト)は、大部分が毛球部の毛乳頭の周囲に存在し、周りの毛母細胞へメラニン色素を受け渡して毛髪に色を与えています。
なんらかの原因でメラニン色素がつくられなくなると、髪は色を失い、光を反射して白く見えるようになり、これが白髪です。

つまり、白髪の直接の原因はメラノサイト(メラニン色素をつくりだす細胞)の老化です。
残念ながら、加齢などの要因がどのようにメラノサイトの老化をおこさせるのか、詳細メカニズムは明らかになってはいない。しかし以下が考えられています。
加齢
男性では30歳前後から自然な老化現象として始まるが、個人差が非常にある。
遺伝的要因
若白髪の人は10~20代で、出始める。先天的な色素形成能力が影響していると言われている。
精神的ストレス、その他
過度のストレス、栄養不足、薬の副作用や代謝障害などによって白髪が増えると言われています。

以上、ヘアケアについて解説してまいりましたが、基本は規則正しい生活習慣と毎日のシャンプーによる清潔を保つことが第一で、次に頭皮や髪にあった商品でヘアケアすることが重要です。

シャンプー


オレンジシャンプーで根元から元気に!
オーガニック天然オレンジの力で毛根の汚れをしっかり落とし、細い髪も根元から元気に!
海藻エキスが髪を保護するからリンスは不要、洗うだけで髪と地肌のケアは完了です。

 

 


ケフトルアミノシャンプー
人気の秘密は類まれなる育毛効果、そしてその育毛効果を支えるのが 独自配合成分「活性石ベントナイト」なんです。
大容量500mlでコスパもGOOD!今すぐ始めてみませんか?

 

 


頭皮・頭髪環境づくり メセルSDFシャンプー
頭皮環境を整えることが目的のシャンプーなので、発毛施術を受ける受けないに関わらず「利用OK」です。
むしろ「薄毛ケアの基本」として、頭皮環境の整うシャンプーの利用をおすすめします。

 

 


薬用グローリン・ギガ 格安販売
【薬用】グローリン・ギガは販売実績240万本突破でしかも驚きのリピート率93%、お客様満足度97%の発毛促進する薬用育毛剤です。
毛根や頭皮の血行を促進して血流を改善するため、休止期となっている毛根の活動を促してくれます。

 

育毛剤


MSTT1頭頂部の薄毛に特化した男性用育毛剤
国内希少な高圧ナノ化乳化機とナノ化専属顧問の指導によりバリアゾーンの通過に成功!
今までにない革新的な育毛剤の開発に成功しました。

 

 


エヴォルプラスで発毛促進効果が実証
薄毛や抜け毛を根本的に解決するためには、ヘアサイクルを正常に整え、状態を保つことが大切なのです。