学歴コンプレックスを持つ人の解消方法

学歴コンプレックスを持つ人の解消方法

社会人になってそれなりに年月がたっているのにいつまでも学歴コンプレックスを引きずる人がいます。

また職場の中やママ友の間で自分の高学歴を自慢する人の輪の中で学歴コンプレックスを助長するような言動があるのも事実です。
そこで学歴コンプレックスを持つ人にたいして解消方法などをまとめてみましたので、ご紹介します。

「学歴コンプレックス」とは?
学歴コンプレックスとは、一般的に自分にない高い学歴を誇る人などに対して劣等感を感じることを指します。
しかし最近では逆に高学歴であるのに思ったような仕事に就けずにいる自分を恥じて学歴を隠す場合や、高学歴を鼻にかけるイヤミな人と見られるのが嫌さに、自分の学歴をわざと過少申告するような人もいるようです。

また学歴コンプレックスは仕事だけでなく、婚活を含むプライベートにおいても大きな影を落とすこともあります。

学歴コンプレックスを持つ人の特徴

特徴1.高学歴にも関わらず現状に満足できていない人
聞かれてもいないのに自分から卒業した大学名を吹聴したり、上司や同僚の卒業校と比較する人がいます。
こうした逆学歴コンプレックスとでもいうべき人は自分が今いる場所、置かれている立場に満足できずに本来ならこんなところにいるような人間ではないのだ、もっとすごいんだと言いたい気持ちなのでしょう。

特徴2.たとえ話ばかりする人
毎日の努力もせず何かと言うと、例えば学歴さえあれば万事うまくいったのにと、高学歴が魔法の杖のように考える人もいます。
こうした人は口癖のように「いい大学さえ出ていたら」とか「学歴さえあれば」といった「たとえ話」ばかりをします。
もしそれが真実なら東大卒やハーバード卒は一人も不幸な人はいないということになりますが、そんなワケがないのは子供でもわかることです。
結局のところ自分は悪くないと自分の正当化の手段として使っているだけなのです。

特徴3.すぐに人を見下すタイプ
高学歴であるがゆえに何かというとすぐ周囲の人間を見下すタイプの人がいます。
こうした人は得てして学歴以外に誇れるものが何もない人です。
普段の仕事で結果を出している人は今更高学歴を看板として背負わなくても問題ありませんが、学歴という過去の栄光しかない人はそれにしがみつくしかありません。
こうした「昔の名前で出ています」的なタイプは、自分より学歴が高いタイプには何も言えずに小さくなったり、ひがみっぽくなるのですぐ区別できます。

中or高卒は学歴コンプレックスになりやすい?
学歴コンプレックスの中でも中卒、高卒、あるいは中退といった人は特に深刻な学歴コンプレックスを持ちやすいと言われています。
これは本人自身の問題というよりも、中卒や高卒といった学歴では受験資格のない資格が多いといったことや、求人で学歴不問になっていても、実質上は学歴が採用の要件としてなかなか受からないといった現実もかなりあります。
例えば世間に多い大学中退という学歴も、いわゆる「最終学歴」で言えば高卒であるにも関わらず、中退という言葉がセットでいった方がより上に見られるという無意識のなせるワザと言えます。
また、手に職があって仕事上は学歴コンプレックスを感じることはないという人であっても、婚活においては学歴がまだまだ大きく物を言うという実体験を持つ人も少なくありません。

大学に行っても学歴コンプレックスになる?
では大学さえ卒業しておけば学歴コンプレックスにはならないですむのかという決してそんな事はありません。
一説には約760前後あるといわれる日本の大学ですが、その大学の中でもきっちりランク付けという格付けがあります。
Fランクと俗に呼ばれるような大学を卒業している場合、大卒というカテゴリーの中でも一段も二段も低く見られることも稀ではありません。

 

学歴コンプレックスを克服する方法
本来、学歴コンプレックスを感じる必要など全く無いと思います。
どのような学歴であれ、自分の経歴であり、今の現実が有る訳なので、今をしっかり生きれば良いことです。
どうしても学歴が気になるのなら、再度、希望の大学を受験すればよいことです。
一部の高齢者の中には退職後入試にチャレンジする人もおられるようです。
今をしっかり生きる方法を具体的に考えていきます。

方法1.手に職をつける
一つの方法として、手堅く手に職をつけることが大切です。
手に職が有ることで、自信を持って誇れることができ、長い社会人生活においては役に立つことが多いのです。
続きを読む!

方法2.資格を習得する
資格の中には国家レベルから企業、団体レベルの資格が多種多様にあります。
社会が認める資格を有することで、周りの見る目が変わってきます。
自分への自信となり、学歴に頼らなくて堂々と生きていくことが出来ます。
続きを読む!

方法3.職歴をつける
今勤めている会社に対して多少の不満があったとしてもブラック企業というわけでもないのなら、1つの会社に根をおろしてそこでしっかり職歴を積むのも大切なことです。
その中で結果を出し、役職に付き周りからも認められる人望を持つことが早道ではないでしょうか。
続きを読む

方法4.語学力を磨く
東京オリンピックを控えてますます英語を始めとする語学力が要求されるようになってきています。
しかし、高学歴者であっても語学に関してはコンプレックスがあるという人も少なくありません。
そこで学歴コンプレックス克服と自分の教養力アップを兼ねて語学を見につけるのもおすすめです。
外国人の友達が増えたり、旅行をもっと楽しめたり、さらには仕事にも役立ったりと語学力は見につけることができれば非常に役立つツールなので、努力しがいがあります。
続きを読む

方法5.副業を持つ
働き方改革でも副業が認められているし、また定年まで勤めても年金のみでは不足との試算もある様です。
自分がかねてからやりたかったことと、実益を兼ねて副業の準備をしては如何でしょうか。
会社の人間関係以外の人との関わり合いを持つのも、違う世界への開眼となるきっかけに繋がることも。
続きを読む

方法6.起業する
就職や転職でどうしても学歴コンプレックスがネックになると言う場合は、思い切って起業してみるのも1つの方法です。つまり誰も雇ってくれないのなら自分が自分の雇用主になるわけです。
起業といってもネットが発達した今、実店舗を開く資金がなくても起業できる職種や業態は非常にバラエティ豊かになってきています。
起業家にとって大切なのは学歴よりもアイデアと人望と将来を見通せる力、その自信があるのなら、くよくよ学歴などにこだわらず、一国一城の主になってみる覚悟が重要です。

続きを読む


k.kiyoharu

コメントを残す