働き方の選択肢を多様化するために手に職をつける

働き方の選択肢を多様化するために手に職をつける

手に職をつけるとは、働き方の選択肢が多様化している現代に、あらためて見直されているのが「手に職をつける」です。

社会のシステムが変化を続ける中、大手企業に限らず、どんな企業に勤めていても「一生安心」とは言えないのが現状です。
そこで見直されている働き方が、「手に職をつけて働く」というものです。

本記事では、「専門的なスキルを身につけて所属企業・団体の動向に振り回されずにお金を稼ぐことができる状態」、これを「手に職をつけた状態」言えるでしょう。

手に職をつける方法はいくつかありますが、最もわかりやすいものが「資格取得です。
医師、弁護士、税理士、美容師、調理師、保育士など、現代日本では「資格を持っていないと働くことができない職業」が多く存在します。
そのため、資格を取れば無資格の人と比べて一歩リードすることができます。

また、経験を積んでプロの技や品質を生み出すことができるようになれば、資格の有無にかかわらず「手に職をつけた状態」といえるでしょう。
いわゆる「職人」と呼ばれる職業がこれに該当することが多いですね。

職人的な世界では、作るモノの質が厳しく問われるうえに、「職人歴」が説得力や価値に影響してきます。キャリアの長さは、「どれくらいの期間、その仕事を追求してきたか」を判断する分かりやすい尺度なのです。

手に職をつけることで、ここでのテーマ「男のコンプレックス」を克服することになるでしょう。
更には、「職を失うリスクが少ない」、「自分をアピールするポイントにもなる」など様々な局面で優位になることは確実です。

では、どのようにすれば手に職をつけることが出来るのでしょうか?
その方法は様々ですが、

一つの方法として、資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】があります。


◆資格講座ラインナップ◆

●法律・財務・経理
社会保険労務士、行政書士、宅建、ビジネス実務法務3級、FP3級、証券外務員二種、日商簿記3級、

●その他ビジネス
ITパスポート、秘書検定2級3級、サービス接遇検定準1級2級、登録販売者、販売士3級、衛生管理者、危険物乙4、マンションマエストロ検定、

●趣味・実用
気象予報士、色彩検定2級、色彩検定3級、HSK3級、HSK2級、アロマテラピー検定1級2級、世界遺産検定3級、夜景検定2級3級、数学検定3級、きもの文化検定5・4級、誰でも簡単!ボールペン字講座、ワインソムリエ講座、すぐに話せる中国語講座

◆資格講座の特徴◆
・月額 980円で28講座の資格学習コンテンツが利用可能
・スマホでもPCでも、マルチデバイス対応でどこでも学習が可能
・資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義ムービー
・過去問を徹底分析した問題演習機能

詳しくはこちら

戻る


k.kiyoharu

コメントを残す