海藻が髪に良い 過去の伝説でした

海藻が髪に良い 過去の伝説でした

「海藻が髪に良い」と昔から言われています。
本当にワカメや海苔を食べると髪が生えてくるのでしょうか?
答えは、NOのようです。

海藻だけをたくさん食べたからと言って、髪がツヤツヤ・フサフサになるわけではありません。

但し、海藻を食べることは髪にも身体の健康にとても重要なので、積極的に摂取するようにしましょう。
補足
ツヤ・コシのある強い髪の毛を作るためには、栄養不足などによる内側からのダメージや、紫外線・カラーリングなどによる外側からのダメージをできるだけ減らすことが必要です。
髪を構成する成分の話
まず髪の主成分はタンパク質です。これは数種のアミノ酸によって構成されていますが、その中でもっとも重要な役割を果たすのがシスチンというアミノ酸です。シスチンが多く含まれている食品は、肉、魚、チーズ、卵などです。ところがこれらは同時に、摂りすぎると皮脂の過剰分泌を招くことになります。
タンパク質が髪の原料であるのに対して、髪を生成する機能を助ける栄養素として欠かせないのが、ヨードやビタミンです。
海藻にこのヨードが豊富に含まれていることが、「海藻を食べると毛が増える」といわれるゆえんです。
海藻が髪にいい食品であることに間違いはありませんが、いくら髪にいいからといって、それだけ食べていたのでは栄養がかたよってなんの意味もありませんし、食べたから髪の量が増えるということもありません。
もともと食品に含まれる栄養素というのは、いろいろな栄養素が互いに作用し合って初めて体内に吸収されるので、単体で摂ってもあまり効果がないことが多いのです。
薄毛に悩む人にとっては、何事もバランスが大切だということをお忘れなく。

一方、髪によくないのは、脂肪分や塩分、交感神経を刺激する食品の摂りすぎです。
脂の多い肉や、汗が噴き出るほど辛い香辛料が入った料理の食べすぎ、カフェインを含む飲み物を飲みすぎるのは禁物です。
だからといって、脂抜きやコーヒー断ちをしたからといって、髪は増えません。念のため。

髪の毛の質を高める栄養素をご紹介していきます。
・たんぱく質(肉類、魚類、卵、大豆製品、乳製品など)
・ビタミンB群(肉類、魚介類、納豆、卵、バナナ、胚芽米など)
・ビタミンC(緑黄色野菜、果物、海苔など)
・亜鉛(牡蠣、貝類、うなぎ、いわし、肉類、納豆、アーモンド、高野豆腐、海草類など)
・カルシウム(乳製品、小魚、桜エビ、海藻類など)
・ヨウ素(海藻類、タラなど)
フコイダン(昆布、めかぶ、もずくなど)

海藻に含まれる栄養素
海藻には、食物繊維、ビタミン、ミネラル、とくにカロテン、ビタミンB群、カルシウム、カリウム、ヨウ素、亜鉛、フコイダンなどを多く含んでいます。
前項の髪の質を高める栄養素が豊富に含まれていることがわかります。
その中でも種類によって以下のような特徴があります。
・昆布・・・ビタミンB群やカリウム、フコイダンが多い
・海苔・・・抗酸化作用の強いカロテンやカルシウム、鉄、ビタミンB群が多い
・ワカメ・・カリウムやカロテンが多い

結論として
海藻ばかりをたくさん食べたからと言って髪の毛がツヤツヤ・フサフサになるとは限りませんが、髪の質を高めるのに働く栄養素は多数ありますし、それらの栄養素はそのほかにも身体のさまざまな場所で働いています。
ですから、1日3回の食事で栄養素をバランス良く摂り、必要なところに十分な栄養素が行き届いてこそ、海藻に含まれる栄養素は髪の質を高めるために機能するのです。


k.kiyoharu

コメントを残す