生活習慣病予防 運動編

生活習慣病予防 運動編

厚生労働省「健康づくりのための身体活動基準 2013 (概要) 」

ライフステージに応じた健康づくりのための身体活動(生活活動・運動)を推進することで 健康日本 21(第二次)の推進に資するよう、 「健康づくりのための運動基準 2006」を改定し、「健康づくりのための身体活動基準 2013」を策定した。

身体活動 (生活活動・運動)

65歳以上

強度を問わず、身体活動を毎日 40 分 (=10 メッツ・時/週)
65歳未満 3 メッツ以上の強度の身体活動を毎日 60分 (=23 メッツ・時/週)

運動

65歳以上 運動習慣をもつようにする( 30分以上・週2日以上)
65歳未満 3 メッツ以上の強度の運動を毎週 60 分 (=4 メッツ・時/

メッツとは
METs(メッツ)は「Metabolic equivalents」の略で、活動・運動を行った時に安静状態の何倍の代謝(カロリー消費)をしているかを表しています。
bd383.jpg
■METs(メッツ)を使って消費カロリー計算

METs(メッツ)から消費カロリーを計算するには
消費カロリー(kcal)=1.05×メッツ×時間×体重(kg)
【例 散歩:2.5METsの運動を1時間 体重52kgの場合】
1.05×2.5×1.0(時間)×52(kg)=136.5(kcal)
ただし、この数字は活動を行っている時間に消費したカロリー全体

「安静状態のカロリー消費」+「活動によって増えた消費」
を合わせた数字なので、活動によって増加したカロリーは1METs分(安静状態のカロリー消費)を引いた81.9kcalです。

■メッツ表

家事 2.5
歩行 3.0
歩行(登坂) 5.0
ゴルフ・練習 3.0
ゴルフ・カート 3.5
ゴルフ・歩行 5.0
筋トレ(腹筋、腕立て伏せ、スクワット) 3.8
ジョギング 7.0
縄跳び 10.0
剣道 6.0

生活習慣病予備軍と診断され、先ずは厚労省が推進している、身体活動指針に基づいて、生活と運動の改善に取り組んでいます。
以下が60歳以降65歳までの就労期間と、65歳以降の退職後の生活・運動活動実態です。

60歳時のある1週間の運動
「仕事は事務職、単身赴任で家事全般を従事」
・スポーツジム3日
 メッツ3.8×3日×1時間=11.4メッツ
・剣道稽古2日
 メッツ6.0×2日×1時間=12.0メッツ
・ゴルフ練習
 メッツ3.0×1日×1時間=3.0メッツ
・合計=26.4メッツ
65歳時のある1週間の運動
「3~4時間パソコン操作、家事は無し」
・朝の歩行(坂道含む)
 メッツ4.0×5日×1時間=20メッツ
・剣道指導
 メッツ6.0×3日×0.5時間=9メッツ
・剣道稽古
 メッツ6.0×3日×1時間=18メッツ
・合計=47.0メッツ

運動が苦手な方は、発売初月で売上1万枚超【VアップシェイパーEMS】がお勧めです。
たった1か月のモニター実績で男性-12.2cm。女性-14.4cmを達成!結果が出る商品です。
ボタンを押すだけで、低周波でアウターマッスル、中周波でインナーマッスルを鍛えます。
・560デニールの強力なパワーネットが補正効果をもらたす。
・V字部分は腹直筋、腹斜筋、腹横筋とお腹の筋肉を3方向から刺激。
・背面の特殊なワイヤーにより良い姿勢を保つことが出来るので自然と腹筋を意識することができる。
・200~5000Hzの低周波と中周波の刺激が内側と外側の筋肉にアプローチ。
・鍛えづらいインナーマッスルにも働きかけるのでお腹周りをバランスよく鍛えることができる。

》》》生活習慣病メニューに戻る


k.kiyoharu

コメントを残す