睡眠障害や不眠は深刻

睡眠障害や不眠は深刻

現代社会では、睡眠障害や不眠が世代を超えて深刻な問題となっています。中でも、24時間型の社会となって昼夜を問わず働く社会環境や、ゲームや携帯電話による夜更かし型の生活習慣が広く蔓延し、生体リズムが乱れることによる「概日リズム睡眠障害」と言われる症状が多く見られます。

まずは「不眠症」や「過眠症」など、睡眠障害に関する正しい知識と情報を知り、自分の睡眠障害はどの程度なのかを理解しましょう。

不眠症
夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態を指します。

不眠症を引き起こす主な原因
・環境要因:時差、枕が変わる、暑さや騒音、明るさなど
・身体要因:年齢、性差、頻尿、痛み、かゆみなど
・心の要因:悩みやイライラ、極度の緊張からの精神的ストレスなど
・生活習慣:アルコール、ニコチン、カフェインの摂取、薬の副作用、運動不足など

過眠症
過眠症とは、夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気が生じ起きているのが困難になる状態です。
過眠症の原因
・脳内の覚醒維持機能の異常
・何らかの原因で夜間の睡眠障害があるため

概日リズム睡眠障害
昼夜のサイクルと体内時計のリズムが合わないための睡眠障害

睡眠呼吸障害
睡眠中に異常な呼吸を示す病態の総称です。
代表的な疾患は睡眠時無呼吸症候群であり、夜間睡眠中に何度も呼吸が止まります。

生活改善
生活習慣を見直し、睡眠の質を改善することから始めましょう。
昼・夜のメリハリをつけ規則正しいリズムを!
・朝起きたらまずは日光を浴び、心と体を目覚めさせる。
・昼間はできるだけ日光を浴び活動量を増やす。
・昼寝は昼休憩に15~20分程度が適切です。午後の仕事もシャキッ、夜も快眠
・眠気がないのに早い時刻から床に入るのはやめる。
・夜遅くまでディスプレイを見るのはやめる。
・精神的ストレスを溜めない

その他にも次のことが良いと言われます。
・ホットミルク
・ハーブ
・半身浴
・アロマ
・音楽

L-テアニンの5つの効果
医薬品や健康食品などで良く『L-テアニン』という成分を目にするので、詳細に調べてみました。
①カフェインによる興奮作用を抑制する効果
カフェインを飲用した際に出現するβ波(興奮状態時に出現する脳波)が、L-テアニンにより抑制されることが確認されています。

②学習能力、集中力を向上させる効果
ラットにL-テアニンを投与すると、記憶力や学習能力が高まることが示されています。

③リラックス効果
L-テアニンを200 mg摂取30分以降にα波の出現が活発化することが認められました。α波は、リラックス時に出現する脳波として知られており、これによって、L-テアニンのリラックス効果が確認されました。

④睡眠改善効果
L-テアニンには、脳の興奮を抑えて神経を沈静化する効果があるため、快適な睡眠が得られるという効果があります。

⑤月経前症候群(PMS)、更年期障害の症状を改善する効果
L-テアニンは、女性特有の悩みであるPMSや更年期障害の症状を和らげるという報告もあります。

GABA(ギャバ)の働き

GABA(ギャバ)とは天然アミノ酸の一種で、人間や動物の脳や脊髄などの中枢神経に多く存在しています。
γーアミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して「GABA」と呼んでいるのです。

①興奮や神経の高ぶりを抑えて緊張状態を緩和して、ストレスを軽減する働きが確認されています。

②体の深部の体温を下げて快眠を促してくれます。寝る前の1時間~30分前にGABAを摂ると効果的です。

③血圧を上げる要因であるノルアドレナリンの分泌を抑え高血圧に対してだけ血圧降下作用を起こすのです。

④腎臓や肝臓など内臓の働きを活発にして、血液中のコレステロールや中性脂肪を調整する働きがあります。

④脳への酸素量を増やし、脳細胞の代謝機能が上がり、記憶力や学習能力の向上、アルツハイマー病の予防や改善、脳障害による後遺症の改善などにも効果があるという報告もあります。

以上のとおり、大変優れて成分であることはわかりましたので、L-テアニンを200㎎程度、GABA10~50㎎配合されている商品が選択してみました。
是非、ご参考にしていただきたいと思います。

グッドナイト27000は夜間の良質な睡眠をサポート

月の休息は質を高める成分をバランスよく配合

リラクミン【ナイトNight】朝スッキリ!

女性専用の睡眠サプリ【シンデレラスリープ】


k.kiyoharu

コメントを残す