ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容は、主にネットワーク設計、ネットワーク構築、ネットワーク監視・運用の3つに大別できます。

 

1.ネットワーク設計
ネットワークシステムの詳細設計を行う仕事では、セキュリティや各種OS、サーバーなどに関する幅広い知識が求められます。お客様の依頼を受けてネットワークを設計する際は、設計・提案能力はもちろんのこと、ヒアリング力やプロジェクト推進能力なども必要です。

 

2.ネットワーク構築
ネットワークエンジニアは、設計書をもとに回線の設置などネットワーク構築も行います。無駄なコストやトラブルの発生を避けるためには、最新の製品や技術の動向、ケーブリングや機器の設置に関する知識が必須です。

 

3.ネットワーク監視・運用
ネットワーク監視・運用では、ネットワークシステム構築後の維持管理を行います。具体的には、レスポンスの測定や、トラフィック解消、不正アクセスの監視など重要な役割があります。

一度ネットワークを構築してしまえば、障害が起きない限り、ネットワークエンジニアは特別忙しくなることはないため、ネットワーク利用者のトラブル対応、いわゆるコールセンター的な仕事を兼任することもあります。

ネットワークエンジニアの将来性
ネットワークインフラは企業にとって常に生命線になっているため、ネットワークエンジニアとしての仕事は今後もネットワークの膨張に伴って、どんどん仕事が増えていくはずです。

現に、不正アクセスの防止、通信量増大によるネットワークトラフィック解消など、常に新たな仕事が生まれています。

新しい問題に対応するために、ネットワークエンジニアは最新の知識や技術を獲得していくことが求められます。

》》》続きを読む


k.kiyoharu

コメントを残す