聞き上手は詮索しない

聞き上手は詮索しない

第一印象はやはり見た目でしょうが、少し話してみると「見掛け倒し」という例が多々ありますよね!?

やはり男は外見ではなく中身が大事だということでしょう。

その中身ですが知識が豊富ということも重要なことですが、やはり会話術ではないでしょうか。

話していると「楽しい」、「気が休まる」、「緊張しなかった」・・・などの和ませることだろうと思います。

 

会話の前提として接近に際して口臭対策として吐息華やかレディーズジャスミンがお勧めです

会話で大事だと思われることを整理してみましたのでご参考にしてください、

聞き上手「自分の話よりも相手の話を聞く
自分の話を聞いてくれる女性というのは、男性にとって大切なポイントです。
初対面で好印象を与えたいのであれば、自分の話をするよりも相手の話を聞いてあげましょう。
丁寧に、相槌をうちながら、真剣な表情で聞くのが大切ですよ。

詮索しすぎない
気になる相手についてはいろいろ知りたい、と思うのが当然です。
しかし、初対面でいろいろなことを聞いたり、詮索したりするのは好印象にはなりません。

初対面でいきなり「恋人はいるの?」と聞かれたら警戒しますよね。
あまりプライベートなことは聞きすぎないようにしましょう。
また、自分のプライベートについてもベラベラしゃべるのは控えましょう。

以上の聞く、詮索について、「質問」を行なうためには、相手の話をよく「聴く」ことが大前提となります。
的確な「質問」は、相手と同じ気持ちを共有し、同じ視点に立つことから生まれてくるからです。
また、質問には大きく分けて「限定質問」と「拡大質問」があり、
限定質問とは、When、 where、whoを使った質問で答えは比較的限定されます。
半面、拡大質問はWhat、Why、Howは話が先へどんどん拡大して、盛り上がります。

聞き上手はコーチングのテクニックと同じです。

コーチングとは

あなたは、今、お相手とのコミュニケーションでお困りではありませんか?

・部下をサポートしたいがどうしていいか分からない
・お客さとの信頼関係が築けていない
・スポーツなどの指導でついつい叱ることが多い
・異性や気になっている相手と親密になれない

コーチングの基本的なやり方を身につけ、聞き上手になることで、相手に

・共感してもらえた
・理解してもらえた
・話を聞いてもらえた
・自分に興味を持ってもらえた

と思ってもらうことで、相手との心理的距離を縮め、心に入りこむことができます

詳しくこちら↓↓↓

会話は相手のテンポに合わせる
会話のテンポや声のトーンを相手に合わせると、親近感がわきやすくなります。
会話のテンポが一緒だと話しやすいですよね。
話しやすい人だな、と思ってもらえれば好感度は高いですよ。
また、会話の中で相手の名前を出す頻度を多くするのも、親近感をわかせるコツです。
名前を覚えてもらえるのはうれしいことですしね。


コメントを残す