お腹周りの脂肪燃焼方法

お腹周りの脂肪燃焼方法

メタボを解消する方法というのは、基本的にダイエットと同じように「食事管理」と「運動」が重要になります。
・揚げ物や脂っこい食事が好きな人は食べる頻度を減らす。
・お酒が好きな人はビールより蒸留酒に変える、飲み会の機会を減らす。
・運動不足の人は1駅前に降りて歩く、週末にスポーツをする。
など、少しずつ習慣を変えていく必要があります。

体型にはリンゴ体型と洋ナシ体型とがあり、女性の多いのが洋ナシ体型です。

洋ナシ体型とは?
洋ナシ体型とは、皮下脂肪がついて下腹部からお尻・ふとももにかけて太っている状態をいいます。
女性ホルモンが皮下脂肪をためやすい性質のため、洋ナシ体型は女性に多く見られます。
また、皮下脂肪は消費されず残ってしまったエネルギーが長い時間かけて蓄積されたもののため、落とすのにも時間がかかるのが特徴です。

まずは食事とカロリー摂取を見直す
皮下脂肪は余分なエネルギーの蓄積が原因ですので、これ以上エネルギーをため込まないよう、カロリー制限をしましょう。

そのためには自分の基礎代謝と消費カロリーを知り、「消費カロリー>摂取カロリー」になるよう、食事の摂り方に気をつけましょう。
とはいえ、毎日カロリー計算しながら食事をするのは大変ですしストレスもたまります。
それが苦痛になってしまう人は、1食置き換えダイエットをしましょう。

1日のうち1食を何かに置き換えれば他は好きなものが食べられるので、それほど厳密なカロリー計算も要しません。

太る原因は糖質だった!
体重や体型を維持するために「消費カロリーを増やす」「摂取カロリー減らす」ことをしなくても実現できるのです。それは、糖質のカットです。

糖質というと、甘いお菓子やケーキなどを思い浮かべるかと思いますが、実は主食となるごはんやパン、うどんやパスタ、イモ類などの炭水化物にも多くの糖質が含まれています。

糖質は、体のエネルギー源となる大切な栄養素ですが、実はそもそもの太る原因となるのも、この糖質なんです。

ですが、ケーキやお菓子を控え、ごはんやうどんなどの主食を制限するのは大変ですよね!

そんな時に気付いたのが、習慣で飲んでいるお茶をらだ楽痩茶”に変えるだけで太る原因を抑制できるのです!

適度な有酸素運動
脂肪を落とすためには運動が必要です。
なかでも脂肪を燃焼させるために有酸素運動をしましょう。
有酸素運動にはウォーキング、ジョギング、水泳などありますが続けやすいウォーキングがベストです。
運動し始めて脂肪が燃焼しだすのが約20分後なので、30分は運動を続けた方がいいでしょう。
運動したことによってすぐに皮下脂肪が落ちるということはありません。
しかし皮下脂肪を落とすためには必ず運動が必要になってくるので、こつこつと続けていきましょう。

筋トレをする
有酸素運動も大事ですが、筋肉を鍛えてより効率よく脂肪を燃焼させましょう。
筋トレと言えば腹筋、背筋、スクワットなど自宅でやれるものばかりです。
時間があるときを見つけて毎日続けましょう。

筋トレを行うために多くのスポーツジムが運営され、そこに通う人が増えていますが、スポーツジムでの筋トレは効果的と思われますが、果たしてベストなのでしょうか?
お忙しい勤労者や主婦の方には時間が足りない、費用も掛かるなど考えるとその他の方法も検討してきては如何ですか?
》》》コチラも参考にしてみてください

時間がある人は「ヨガ」に挑戦してみてもいいかもしれません。
ヨガ自体は有酸素運動なのですが、インナーマッスルを鍛えることができるので引き締め効果があり、キレイに筋肉をつけることができます。

ヨガも効果が期待できることは疑う余地はありませんが、時間や場所が必要となりましので、インナーマッスルを手軽に鍛える方法として、筋トレ加圧シャツなら24時間着るだけで効果が期待できます。
コチラもご参考にしてください。

筋肉を効率的に増量させるためには、タンパク質は重要な栄養素で、さらにビタミンB6はタンパク質の吸収を高める栄養素です。
そのタンパク質が豊富な食材の鶏肉は皮を取り除くことで脂質とカロリーを減らすことができます。
その他、心疾患、脳卒中など健康被害を高めるといわれているトランス脂肪酸は使用せず、オリーブオイルやごま油で調理をしています。
この様な自宅ではなかなか困難なお食事をお届けします。

筋トレよりダイエットが優先とお考えの方には効果的なサプリメントも有効です。

運動と筋トレのまとめ

メタボリックシンドローム改善のための運動と筋トレの目安は、次のとおりです

運動の具体策
1) ウォーキング(速歩)・ジョギング・水泳・自転車・社交ダンスなどの有酸素運動をおこなう。
2) 運動時間と頻度はできれば毎日、一日30~60分間、あるいは一週間で合計180分以上の運動が必要とされています。
3)運動の強度としては最大酸素摂取量の50%程度で、具体的には中等度「ややきつい」と感じる程度であり、心拍数が安静時の1.5倍程度(100-120拍/分)の運動強度です。

筋トレによる筋肉の強化
筋肉はエネルギーを消費して体を動かすエンジンのようなもので、このエンジンが大きければ大きいほど消費するエネルギーも増えていきます。
一日に消費する総エネルギーのうち、およそ7割は基礎代謝と呼ばれるもので、内臓を動かしたり体温を維持したりするために使われます。
筋肉の増量は、基礎代謝の上昇や消費カロリーの増量にもつながります。
運動に加えて、無理のない範囲で筋トレをするのもおすすめです。

続きはコチラ

 

筋肉減少は危険!

筋肉量の減少で太りやすくなるほかにも、疲れやすく、老化が進みます!
年齢を重ねると、老化現象として肌や髪の毛、筋肉が衰えてきたことを身に染みて感じるようになります。
性別に関係なく筋肉量も年齢と共に減少していくことをご存じですか?
筋肉量が減ることで、太りやすくなったり、疲れを感じやすくなるなどの不調が現れてきます。
今回は、加齢による筋肉量の減少をくいとめる方法を研究します。

筋力増強でダイエット、老化予防、関節痛予防に!
年齢を重ねると、老化現象として肌や髪の毛、筋肉が衰えてきたことを身に染みて感じるようになります。
性別に関係なく筋肉量も年齢と共に減少していくことをご存じですか?
筋肉量が減ることで、太りやすくなったり、疲れを感じやすくなるなどの不調が現れてきます。
今回は、加齢による筋肉量の減少をくいとめる方法を研究します。

お腹の周りの脂肪を効果的に燃焼させる方法

中年→老年太りを何とかしたいと、有酸素運動や筋トレを行っているものの、なかなか効果が表れてきません。
そのために、この様なブログを書いて、更に効果的な方法を研究すると同時に、自らのモチベーションを上げることを目的としています。
体のお荷物と言われる脂肪とは 余分なお肉が脂肪だということは承知をしています。

脂肪細胞には「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の二種類があります。

◆白色脂肪細胞
・一度できたらなくなりにくい、一般に「脂肪」として認識されているもの
・体内で使い切れず過剰となったエネルギーを中性脂肪として蓄える
・いわゆる脂肪太りの原因となる細胞 ・皮下や内臓の周囲に多く存在

◆褐色脂肪細胞
・脂肪を減らすという驚きの機能を持っている
・脂肪を燃やしてエネルギーを消費することが期待されている
・成人では、首回り、肩甲骨付近、腎臓の周り、胸部大動脈周辺に少量存在する

脂肪を「燃やす」とは 脂肪は分解しないと燃やせない!

各組織がエネルギーとして中性脂肪を利用するには、遊離脂肪酸という形に分解される必要があります。
人は寒さなどの刺激を受けたり、運動をしてエネルギーが必要になったりすると交感神経の活動が活発になります。
すると、リパーゼという酵素が活性化され、中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解します。
分解したら消費しよう エネルギーとして消費するには、やはり運動が効果的です。

運動の効果を高めるために、コーヒーでメラメラパワーをGET! が選ばれています。

一日のうちに30分の運動を一回す運動するのと、10分ずつ三回に分けて運動を行うことでは効果に差がないことがわかりました。
脂肪燃焼の効果を出すには、適度な運動時間とともに適度な運動強度も必要となります。
また、一回の運動では影響がなく、数ヵ月以上の長期的な運動が必要となります。

メタボリックシンドローム改善のための運動
目安として、次のような運動方法が薦められています。

運動種目
ウォーキング(速歩)・ジョギング・水泳・自転車・社交ダンスなどの有酸素運動

運動時間・頻度
運動はできれば毎日、一日30~60分間、あるいは一週間で合計180分以上の運動

運動強度
最大酸素摂取量の50%程度、中等度「ややきつい」と感じる程度であり、心拍数が安静時の1.5倍程度(100-120拍/分)の運動強度

筋トレによる筋肉の強化
筋肉はエネルギーを消費して体を動かすエンジンのようなもので、このエンジンが大きければ大きいほど消費するエネルギーも増えていきます。
一日に消費する総エネルギーのうち、およそ7割は基礎代謝と呼ばれるもので、内臓を動かしたり体温を維持したりするために使われます。
筋肉の増量は、基礎代謝の上昇や消費カロリーの増量にもつながります。
運動に加えて、無理のない範囲で筋トレをするのもおすすめです。

まとめ
食事制限などで摂取カロリーを減らしても、脂肪は燃焼されません。
体重が減っていたとしても、実は脂肪を燃やしてくれるはずの筋肉が減っていただけだったら本末転倒です。
運動で脂肪を分解させるスイッチを入れるだけでなく、消費するために適度な運動を続けていくしか方法が無いということです。

この記事を記載して、これまで調べてきて、今実施しているウォーキングと筋トレ&ストレッチは間違いないということは解りましが、答えが出るまでには数カ月かかるということも理解できました。

よくある、短期間でマイナス〇〇kgなんていうものは、あり得なく地道な努力が必要と云うことですかね?!
とほほほ・・・って感じ

楽して筋トレの効果を出すには筋トレシャツも一考ですよ!

筋トレ加圧シャツの比較

普段は忙しく運動や筋トレする時間をなかなか取れない働き盛りの男性にお勧めです
時間がなくても運動が苦手でも着るだけなので無意識に24時間引き締め状態が維持でき、
着用+筋トレで美しいラインにボディメイクして姿勢とお腹をスッキリ!させます。

日常生活で着ているだけで、動作の一つ一つに負荷がかかりトレーニングをサポートします!
話題の加圧シャツでモテモテボディを目指せます!
着ながら簡単に筋トレとダイエットをサポートする大人気商品です!

その大人気の商品の選び方は「素材」、「圧着力」、「価格」ではないでしょうか?
それらについて検証しましたのでご参考にしてください。

続きを読む》》》

体脂肪を落とすにはジムの運動は効果ない!?

炭水化物はエネルギーの元といえる栄養素で1gあたり4kcalのエネルギーをもっています。人間の体の中での唯一のエネルギー物質です。
脂肪はあくまでも貯えで、その蓄えられた脂肪は糖質(炭水化物)に変換されてエネルギーとして活用されていきます。食べた物を速効的にエネルギー源として活用するためには炭水化物が最適なのです。
しかし、食べすぎは脂肪として蓄えられていきますの注意が必要です。

基礎代謝で消費されるエネルギーの40%は筋肉によるエネルギー消費です。
効果的にダイエットするには、筋肉を鍛えて基礎代謝をアップさせ、基礎代謝を高めていき食べても太りにくい体質にしておきましょう。

運動でやせるのは案外ハードルが高い。そこで最近注目されているのが、特別な運動をしなくても、日常生活での運動を増やせば、肥満や糖尿病、メタボリック・シンドロームなどを防げることが分かってきました。
例えば、肥満の人と肥満でない人の日常生活の運動量を比べると、肥満の人の方が1日350kcal少なかったという研究があります。

ちりも積もれば山となる。通勤の際、電車やバスは1駅前で降りて歩く、駅やオフィスではエレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う、こまめに掃除をするなど、「ちょっとした動き」を増やし、エネルギーを消費することを心がけてみましょう。
》》》続きを読む

1食置き換えダイエット

いつもの白米に「発芽米」を混ぜるだけ!


家族全員うれしいことがいっぱい♪

ファンケルから待望のプログラム登場!【お得な増量セット!】ファンケルの発芽米
・忙しいお母さんの・・・美容やすっきりお通じに!
・働き盛りのお父さんの・・・ダイエットやメタボケアに!
・成長期のお子様の・・・噛んで食べる習慣作りに!
家族みんなで健康に!「玄米」以上の栄養価とおいしさを兼ね揃えた理想的なお米です!

<セット内容>
・発芽米 1kg
・さらに通販限定!500g増量!
・つまり・・・1kg+500gで1.5kgが試せる!

通販限定セット!お一人様1セット1回限り!1,203円相当が・・・特別価格780円(税込)!
是非、この機会に利用をお願いいたします!

詳しくは》》》発芽米1.5kgが780円!

ボディーメイクフード

理想のカラダへ導くボディメイクフード「Muscle Deli」は、あなたが目指す理想のカラダの獲得を大事な食事を通してサポートします。

「からだづくり=運動×食事」
マッスルデリはトレーニングをしている人や、からだづくり、ボディメイクに取り組む人に最適な栄養素のお食事を全国にお届けするサービスです。

マッスルデリの食事は脂肪を減らし、筋肉を増やすために役立ちます。
詳しくコチラ


k.kiyoharu

コメントを残す