こだわりとは

こだわりとは

「拘り(こだわり)」という言葉をよく耳にすることが有りますが、果たしてその真意は何処にあるのでしょうか?
少し疑問に思ったので、どの様に使われているのかを調べて見ました。

 

日常的に使われるポピュラーな言葉で、ほとんどがポジティブな意味で用いられていますが、本来「拘り」は悪い意味で使われていたということでした。

拘りとは、主に「信念」や「譲れないもの」を指して用いられますが、本来は「考え方が一つのことに縛られてしまっている」ことを意味する言葉になります。

 

他の様々な考え方や選択肢がある中で、あえて1つのことしか考えないという意味の「拘泥(こうでい)必要以上に気にすること」が語源で、本来はあまり良くない意味で用いられていましたが、次第に良い意味でも用いられるようになったとされています。

 

「こだわりが強い」とは、一つの物事や人に対してとことん追求する、という意味を持っています。

また、小さなことでも必要以上に気にしてしまう、という意味も持ち合わせています。

褒め言葉として使われることもあれば、悪い意味で使われることもある言葉です。

この様な方は研究者や技術者に適しているのではないでしょうか?

 

ノーベル化学賞の「リチウムイオン電池の生みの親吉野彰先生は正にこだわりの強い人ではないでしょうか。
1985年5月に商品化に耐えるリチウムイオン電池の特許を取得、実用できるリチウムイオン電池の誕生です。負極に伝導性の炭素材料を使用し、正極にはグッドイナフのコバルト酸リチウムを使用することで、一般にも使えるリチウムイオン電池の誕生に大きく貢献したのです。

モバイル機器の小型化・軽量化はどんどん進んでおり、私たちが使ってるスマホもラップトップもこの電池なしではここまでの軽量化はできなかったでしょう。

リチウムイオン電池は、さまざまな新技術の結晶だそうです。開発過程では多くの困難に直面したが、「社会に必要とされるものを作る」という強い信念(こだわり)から、この困難から逃避することなく研究開発を進めることができ実用化につながったのでしょう。
以上はこだわりの強い人の成功事例と言えます。

 

このこだわりの強さを上手に活かせる仕事に就けば、長所として仕事の能力をグングン伸ばしていけるということです。

『研究者』
研究者は、ある目標に向かって実験や分析を何度も繰り返す職業です。結果を出すためには、数えきれない失敗や綿密な計画が必要になります。
こだわりが強い人は、人並みならぬ熱意で物事に取り組んだり、納得がいくまで追及を繰り返したりできるので、研究者向きと言えるでしょう。
粘り良さや高い集中力も持ち合わせているので、研究の成果にも期待できます。

『クリエイター』
クリエイターは、感性や緻密性が求められる職業。作品を仕上げるためには、豊富なアイデアや知識、そして、とことんこだわり抜くことが必要とされます。
まさに、こだわりが強い人の特徴を長所として存分に活かせる職業だと言えるでしょう。

『プログラマー』
プログラマーは、パソコンに向かって黙々と仕事を進めていく職業です。
ひたすらパソコンに向き合う仕事は孤独ではありますが、孤独が苦にならず、高い集中力を持つこだわりが強い人なら、快適な職業に感じられるかもしれません。

『職人』
職人は、高い技術や長い経験が必要とされる職業。
こだわりが強い人は、興味や関心のあることに対して、時間や労力を惜しまず努力できる特徴を持っているため、職人向きと言ってもいいでしょう。

以上の様に高い技術力・アイディアと集中力や粘り強さの持ち主にはこの様な職業がおススメではないでしょうか。

一つのことに打ち込んできた人、一生懸命に働きつづけてきた人というのは、その日々の精進を通じて、おのずと魂が磨かれていき、厚みのある人格を形成していくものです。

働くという営みの尊さは、そこにあり、仕事を心から好きになり、一生懸命精魂込めて働く、それだけでいいのです。

自分がなすべき仕事に没頭し、工夫をこらし、努力を重ねていく。それは与えられた今日という一日、いまという一瞬を大切に生きることにつながります。

 

IT業界で一花咲かせたい

IT業界で働きたいと考える人は多く、巨富を築き上げるための大成功を目指しています。
IT業界でキャリアアップやスキルアップの志向が強いのは、これが理由でもあります。

正社員として働いている場合にはスキルアップを行って成果を上げ、昇進を繰り返していくことを目指すのが典型的です。

また、転職を利用して多くの現場での経験を積み、最終的には管理職になったり、ベンチャー企業を起ち上げたりしようと考えている人も少なくありません。

大成功を遂げたいという人にとって、正社員として働く道は、管理職を代表とする高年収の職種に就くか、独立して起業するための糧にするかのどちらかである場合が多いです。

一方、フリーランスになることで、巨富を築き上げようと考える人も多くなっています。
フリーランスで働く場合、経験が豊富で高いレベルで仕事に従事できる人材ほど高額報酬を与えられる傾向があります。

他の業界で働くのに比べて高年収になれることは多く、満足な結果を得られている傾向があります。

こだわりの強い人、強い信念の持ち主の人、就職氷河期に就職され満足な職種に付いていない方、人生を見直してみませんか?


IT専門サイトで多数豊富な数の案件紹介可能(現在の掲載数1,500社)
ITエンジニア×クリエイター特化の専門サイトで豊富な案件多数紹介
専属エージェントによる親切・スピード対応
これまで実績として約5000名,500社を築いてきた実績のあるエージェントの徹底した親切・スピード対応
無料のキャリア診断では人物像や技術力をより具体的に把握することができ、各人に最適な提案をすることができます。

IT・WEB・ゲーム業界に精通したプロのキャリアコンサルタントが大手には真似ができないきめ細かなサービスを提供しております。
求人数では大手に劣らない数を保有しており、転職だけでなく独立まで含めたキャリアサポートを日々行っております。
(1)エンジニア経験のあるコンサルタントのみ担当!
(2)IT・WEB・ゲーム業界特化の専門エージェント
(3)転職だけでなく、独立の支援も行っています
(4)エンジニア限定イベントへのご招待も!

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、
事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。
高い転職率を実現してる理由は「徹底した採用者目線」での就職支援とプログラミング学習支援を実施しているためです。
面接のロールプレイングから実際の仕事を体験、就業後にも役に立つ働き方を身に着けてもらっています。
k.kiyoharu

コメントを残す