ITパスポート合格率アップの秘訣

ITパスポート合格率アップの秘訣


ITパスポートを取得して、
将来の夢を実現しよう!

ITパスポートの資格取得にご興味を持たれいるあなた!

当然、どのような資格か?
資格を取得することで何ができるか?
などについては当然、理解されていると思います。
簡単に整理しておきますね!

ITパスポート取得の目的

ITパスポートを目指す方の目的は2つあると考えています。

①近い将来にプログラマーやシステムエンジニアといったITの専門職を目指すための基礎を習得する

②IT関連専門職ではないが、社内業務のシステム化やシステム戦略を構築するためにIT基礎知識を習得する。

 

その他のIT関連の基礎的資格

覚えきれないほどたくさんあるIT系の資格はあります。

ITパスポートよりも役立つ資格はないか?
「初級者向けIT資格」の代表格をチェック!

「ITパスポート」が、ITの基本を「広く理解し、正しく使う力」を養成する試験です。

「.comMaster」(ドットコムマスター)は、NTTコミュニケーションのベンダ資格で、
インターネットやパソコンの技術検定のひとつです。
グレードは「★」(シングルスター)~「★★★」(トリプルスター)の3段階。
星が多いほどグレードが高くなります。

マルチメディア検定は、どちらかといえば「画像・映像・音声」などのディジタル情報を使ったコミュニケーションスキルを身につけるための資格です。
そのため、WEBデザイナーやゲーム制作者やサウンドクリエイターなどを目指している。
上級試験はすでにそのような職業に就いている人にも人気の権威ある資格です。

P検は、厚生労働省が展開している「若年者就職基礎能力支援事業”YES-プログラム”」の資格試験にも選定されています。
“YES-プログラム”とは、企業が若者に求める職業能力を国が明確にした上で、若者に示しているものです。
P検の勉強をすると、会社内の業務でもよく使われているワードやエクセルなどのソフトの使い方も身につきます。

 

ITパスポートを取得するメリットは?

実は累計応募者数が77万人以上にもなるほどメジャーな資格なのです。

ITパスポート試験とは
独立行政法人であるIPA(情報処理推進機構)によると、情報処理技術者試験の一試験区分です。

「情報処理の促進に関する法律」に基づく国家試験です。

そして、“ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる”。

要約すると、IT系の一番基礎的なもので、国(経済産業省)が認めてくれる資格ということです。

ITパスポート試験を受けるメリット
ズバリ、「就職や仕事に役に立つ!」これがメリットです。
今や、日常生活でもIT技術はなくてはならないものになっています。
仕事となると、なおさらです。
文系・理系、業種・職種を問わず、あらゆる分野でITは全ての基盤となっています。

 

大手企業でも取得を推奨している
ITを効率よく活用すること、そして、正しく利用することがとても大事です。
ITの基礎知識がないせいで、法令に違反して会社に大損害を与えたというケースも。
そこで、大手企業でもITパスポートの取得を奨励しているところがあります。

 

コンピュータと市民生活
私たちが生きていくために、コンピュータは絶対になくてはならないものとなりました。
普段何気なく受けているサービスにはコンピュータが深く関わっています。
コンピュータがなくなったら、私たちの生活の大部分は止まってしまいます。
ですから、“仕事”、“普段の生活”でもコンピュータのことを知っておくととても役立つのです。

 

重要性の証拠
ITパスポート試験が始まって以来6年間で61万人が受験しています。
(ITパスポートの前身である初級システムアドミニストレータ試験の受験者を除く)
これだけの受験数からみても、その知識が社会で評価され、
社会から必要とされていることの証拠です。

 

取得することのメリット
・コンピュータのこと以外にも多くの知識が手に入ります!
・論理的な思考方法も習得できます!
・仕事以外にもスマホを安心・安全に使うなど、かなり使えます!

 


通信教育フォーサイトITパスポート通信講座の特徴


ITパスポート合格率アップの秘訣はここにあります。

驚異の合格率!
2018年度は全国平均の1.67倍!
フォーサイト合格率86.3%(全国平均合格率は51.7%)
※倍率は2018年4月~2019年3月受講生の実績です。

受講生アンケートは、本試験・合格発表後に全受講生にメールにてアンケートを配布し、集計したデータです。

学習時間や教材の満足度なども公開しています。

 

充実した教材

フルカラーテキスト
フォーサイトのITパスポートテキストは、フルカラーのテキストを採用しています。

フルカラーにすることで、沢山のメリットがあります。
・色を活かして重要事項をスッキリまとめると、記憶に残り、暗記しやすくなるのです。
・受講生のやる気を高めるために、ワクワクするようなデザインを心掛けています
・飽きずに最後まで勉強を続けていただけます。

 

ハイビジョン
フォーサイトでは、飽きずに見ていただけるダイナミックな講義映像を実現する。
・講義に合わせて、70インチと120インチの電子黒板を効果的に使い分けますので、メリハリのあるITパスポートの講義が展開されます。

 

機能的過去問題集
ITパスポート試験時間は165分、問題集は100問。単純計算しても、1問に2分はかけることができません。
つまり、「速く、正確に」問題を解き正解を出し得点を重ねていく能力が必要です。

「速く、正確に」簡単なように聞こえますが、ただ勉強しているだけでは、身に付かない力です。

・試験問題は、基礎知識を応用して正解を導くパターンを知れば、ミスなく正確に
解答をマークできますので、正確に解く力が身に付いているはずです。
・すべての問題に解答の目安時間を記載し、この時間を意識して速く解くようにできます。

特許取得のオリジナルeラーニングシステム

ITパスポート講座をお申込みいただくと、インターネット学習システム「道場破り®」がご利用いただけます。

講義、テキスト、確認テスト、単語カードや学習プラン作成まで、学習に役立つメニューを豊富にご用意しております。

お申し込みはこちら!



コメントを残す