感情の老化対策 北の大地の夢しずく

感情の老化対策 北の大地の夢しずく

年齢とともに減少するセロトニン

心と身体に悪影響が現れてしまいます

新発想の不眠対策商品【北の大地の夢しずく】

身体が衰えるように、感情も老化することをご存じですか?

生活習慣の改善、健康管理、脳トレに励む人は多いが、“感情年齢”は意外と盲点です。

感情が老いると、頑固になったり、アイデアが湧かなくなり、やる気も低下します。

最近なんだかやる気が出ない、怒りっぽくなった、うまく気分転換ができない、何に対しても感動しなくなった……。

40代以降で、こんな自覚がある人は要注意!
・なかなか寝付けない
・夜中に何度も起きてしまう
・ぐっすり寝た気がしない
・イライラする
・気分が優れない

感情が老化し始めているからかもしれません。

感情の老化には、神経伝達物質の「セロトニン」の減少にも注意しなくてはなりません。

 

セロトニンって?

セロトニンは別名幸せホルモンと呼ばれ、これが不足すると「うつ」になりやすくなります。
セロトニンとは、不安やストレスを和らげ、心のバランスを保つホルモンです。
また、セロトニンは睡眠ホルモンと呼ばれるメラニンの材料となり、メラニンの働きによって、夜になると眠くなるのです。
そのセロトニンの減少は40代から始まります。

不足するセロトニンを『北の大地の夢しずく』で補うことで、

「北の大地の夢のしづく」に含まれるラフマという植物はセロトニンを増やすことで、メラトニンの合成量を増やします。

また、ストレスを減らす作用もあるため、眠りの深さの向上をサポートします。

就寝前に3粒を目安に飲むだけで始められる睡眠改善サポート習慣です。

 

セロトニンのその他の効能

衝動行動や依存症の抑制
セロトニンは、快感と報酬を司る神経伝達物質『 ドーパミン 』による過度の衝動的な欲求を抑制し、食欲や性欲も抑制します。
このことから、セロトニンには食べ過ぎを抑えたり、ギャンブルやアルコールなどへの依存を抑制する効果があります。

気分調節
セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンの働きを適度に保ち、精神状態をバランスの良い安定した状態に保っています。

痛覚の抑制
セロトニンは痛覚を抑制(痛みを感じにくくする)する働きがあります。

記憶力・学習能力
セロトニンは記憶を司る脳内の海馬において、印象深い情報や必要な情報を記憶させる働きがあると考えられます。

睡眠中は、セロトニン神経の働きがほとんど無くなり、この時に脳内で記憶の整理と長期記憶の定着が行われていると言われています。

運動機能
セロトニンは運動機能に関与し、咀嚼、呼吸、歩行と言った反復運動をスムーズに行うために働きます。
また、体幹部の姿勢筋や抗重力筋に作用して、姿勢をよくする作用や表情筋に作用して表情を豊かにさせる作用もあると考えられます。

呼吸
呼吸時の気道支える筋肉は、覚醒時(起きている時)はセロトニン神経を介して制御されています。

しかし、睡眠中はセロトニン神経の働きが抑制されることから、気道閉塞を起こしやすくなります。

これが 睡眠時無呼吸症候群(SAS) と言う睡眠障害の原因の一つです。

セロトニンは脳内で実に様々な働きをしています。

しかし、何らかの原因でセロトニンが不足したり、働かなくなると、心と身体に悪影響が現れてしまうのです。

でしたら、

 

北の大地の夢しずく


コメントを残す