安価 高成功率 婚活サイト比較

こん‐かつ【婚活】

「結婚活動」の略 理想の相手を見つけ、幸せな結婚をするためにさまざまな活動をすることです。

女性の社会進出、晩婚化、ライフスタイルの多様化などにより男女がすぐには結婚しなくなったことから、結婚のためには就活(就職活動)のように積極的な働きかけが必要になってきました。

【国語辞書より】

中央大学教授・山田昌弘と少子化ジャーナリスト・白河桃子の共著『「婚活」時代』から流行語になりました。
その後、新聞・テレビ・雑誌でも頻繁に見かける言葉となり、2008年、2009年の2年連続で流行語大賞にノミネートされ、比較的新しい言葉ですが、もう日本国内で知らない人はいないほど浸透しています。

なぜ、婚活が必要なのでしょうか?
結論からいうと「出会いを待っているだけでは、結婚できない時代になった。意識してお相手を探す努力が必要になった」ということです。

多くの人が結婚を望みつつ未婚のままで、国立社会保障・人口問題研究所の2017年調査では、生涯未婚率で男性は23.4%、女性は14.1%ですが、1990年では男性が5.6%、女性が4.3%でした。

ここ27年間で男性は△17.8ポイント、女性は△9.8ポイントとなっています。

未婚率はさらに悪化し、一生独身という人は更に悪化して2030年には、男性の3人に1人、女性の4人に1人と予測されています。

未婚率上昇の背景
この背景には社会の変化があります。昔は親が決めた結婚やお見合い結婚、社内結婚が主流で、終身雇用や年功序列賃金など社会情勢も安定し、結婚を後押ししていました。

だが、1990年代初めのバブル崩壊後、企業間の競争激化で会社が成果主義を導入し、職場は余裕を失い社内の人間関係はよりシビアになり、社内恋愛を避ける人が増え、さらには社旗情勢の変化で女性の社会進出やハラスメント、個人情報の取り扱いなども影響しています。

また、昨今の不況で、経済力に不安を抱える男性が増えたため、経済格差により、「結婚したくてもできない」人が急増しています。

女性が望む収入と男性の年収とのミスマッチ
国税庁の統計調査(平成25年版)によると、20代前半の平均年収は246万円、20代後半では339万円、同じく30代前半は384万円、30代後半は425万円ということです。

女性がお相手に求める年収は下のグラフのとおりです。

未婚女性の55%が結婚相手に年収500万円以上を求めていますが、同年代の未婚男性で年収500万円を超えるのは5%しかいません。

若い世代の非正規雇用や収入がなかなか上がらない状況で、理想と現実のミスマッチが一部の男性に多くの女性が群がり、婚期をどんどん遅らせています。

社会情勢の変化
過剰すぎるセクシャルハラスメント、ストーカーは多少強引な女性へのアプローチは積極的で男らしいと褒められたことが、現在では“即”セクハラだ!言われ、訴えられることが増えたおかげで、消極的にならざるを得なくなったのではないでしょうか?

また、個人情報法保護法により、お節介な親戚のおばさんが“釣書”持参のうえで、お見合い相手を探す習慣が薄れてきているもの現状ではないでしょうか。

メリットがないと結婚に踏み切れない
男性の収入だけで、生活を維持するのが難しくなり、女性が共働きを覚悟しなければいけない状況では、「メリット」がないと結婚に踏み切れず、このことが、結婚の条件を複雑にし、敷居を高くしているのです。

しかし、学生時代のように、本気で恋愛し、相手を思う気持ちがあれば、経済的には厳しい状況から、「お互いに協力して家庭を築ける」、「一人口は食えぬが二人口なら食える」と昔から言われていますので、これと思えるお相手を探した方が、結果的に幸せな結婚相手が見つかります。

早めの婚活がオススメです。

婚活サイトの比較


『日本中のぽっちゃり女性を笑顔にする!』をビジョン

ぽちゃ婚は、現代の日本人女性が抱えている悩みで一番多い「体系」でモテない!自信が持てない!
と、勘違いをしているぽっちゃり女性に素敵な男性と出会ってほしい。

成人男性1,000人を対象に、「ぽっちゃり女性は好きですか?」という アンケートを取った結果、

NOと答えた男性はなんとたったの4%でした。
この結果からぽっちゃり女性は人気があると言えます。

担当婚活アドバイザーによるアドバイスやお相手の提案により素敵な出会いを提供致します。
また、自分に自信が持てない会員様の為に外見、内面のトータルコーディネートもご用意しております。

女性は20代以上の未婚でぽっちゃり体型の方が対象で男性は未婚でぽっちゃり女性好きの方ならOK!

初期費用0円で真剣婚活が可能になります。
・成婚退会料0円、更に成婚祝い金を5万円受け取ることが出来ます、
・ぽっちゃり女性が大人気でとてもモテる結婚相談所です。
・可愛いぽっちゃり女性と出会うことが出来ます。

ルックフォーパートナー

1年以内の結婚を目指すなら、結婚相談所ルックフォーパートナー
カウンセラーの親身なサポートで高い成婚率です。

会員数5万8千人の日本結婚相談所連盟の加盟店なのにお手頃価格です。

東京・横浜・関東エリアで豊富な実績があります。
ほとんどの人が1年以内に結婚相手を見つけております。
たくさんの人に「幸せな結婚」が訪れますように…。

・カウンセラーから、あなたにぴったりのお相手をお勧め致します。
・少人数の婚活パーティーもあります。
・お見合いから交際中のフォローもいたします。
・お相手が決まったら、プロポーズ/ご両親への挨拶/ご両家の顔合わせ/結納/結婚式までお手伝い致します。

 

ハッピーカムカム

20~40代のが男女スタッフが出会いからご結婚までを徹底サポート。
18年間の相談所としての実績は、おそらく都内でも随一です。

無料カウンセリングでアドバイザーがご提供するのは、「目からうろこ体験」。
感涙を流されるお客様が続出すること必至です。

1年以内の成婚率は52.2%(真剣交際3か月経過も含む)にもなり、この率は国内1位とも言われております。
20~40代男女スタッフ12人にて、出会いからご成婚までを完全バックアップします。

アドバイザーの適格なハッピーへの道

①同世代の異性から適格なアドバイスでご縁を結びます。

②徹底したヒアリングで、ふさわしいお相手を選び抜きます。

③お付き合いから恋愛、ご成婚までの細心のアドバイスで結婚へと導きます。

④信頼のネットワークで全国5万人の会員の中からご紹介でき、累計で1400組以上の実績です。


 

婚カツ支援サイトの紹介


結婚したいのにできない、これまではご縁が無かった。
さあ!思い切って一歩前に進みましょう

出会いを待っているだけでは、結婚できない時代

意識してお相手を探す努力が必要です。

多くの人が結婚を望みつつ未婚のまま

・18~34歳の未婚男性の87%、未婚女性の90%が「いずれ結婚するつもり」と回答する。

・30~34歳の未婚率(1975年・2010年・2030年)

男性:14%・35%・33%(予測)
女性: 8%・22%・25%(予測)

 

出会いが無ければ、自分でつくる、でもダメなら手を借りる!

でもどこへ相談してよいかわからない?

・結婚相談所も多種多様
・その費用も様々

そんな不安を解消できるのが比較サイト!
詳しくは資料に載っている料金・コースを比較・検討して自分にあった結婚相談所を選べます

 

結婚して、よかった

心のゆとりができました
tomoさん 結婚した年齢:36歳
私はちょっと古風な方でしょうか、「やはり女性は結婚・出産してなんぼ」という価値観がありまして(笑)。
今までお付き合いした方はいたものの、結婚に至っていないことが正直コンプレックスに感じていた所があったと思います。
地方出身の一人娘という事で、結婚相手に求める条件も狭まってしまうんですよね。
将来の親の面倒なども考えざるを得ないので。私にとって条件も見ながら相手を探せる結婚相談所はちょうど良いサービスでしたね。
夫を持つことで自分自身に納得が行き、気持ちに余裕が持てるようになった気がします。
やはり周囲からも「印象が柔らかくなった」と言われるようになって。
職場や人間関係にも良い影響が出ていると思います。

 

震災時にパートナーの大切さを実感しました
翔さん 結婚した年齢:31歳
僕の両親は東北地方に住んでいるので、震災の日は電話が繋がらずにパニックになりそうでした。
しかし妻に情報を収集してもらい、インターネットで地元の同級生に安否の確認を取るなど、仕事も落ち着いてうまいこと両立できました。
数週間後に地元へ行って倒壊した家屋や避難所の様子を見て来たのですが、「もし、自分が年を取った時に独り身だったら?」と想像したらちょっと怖くなりましたね。
僕は元々怖がりな性格なので(特に災害)、結婚していて本当に良かったと実感しました。

 

違う価値観を受け入れる大切さを知りました
Hikaruさん 結婚した年齢:29歳
数年前まで、私の方が結婚とかに縛られたくないと思っていました。割と自由人で、自分は相手のペースに縛られるのが苦手だと思っていたんです。
でも、周りが結婚していくのを見て、いつまでも遊んでいるのもどうかと思って婚活を始めてみました。
今の夫とはパーティーで出会ったのですが、ルックスも性格も好みで私のひとめ惚れすぐに交際がスタートしました(笑)
真剣交際をしてみてわかったのは、大切な相手ならば、我の強い私でも相手の考えを受け入れる努力をするようになるんだなぁという事。
「何でそうなの!」ではなく、「男の人ってこういう考え方するんだなぁ」という感じで。そしたら職場の男性の思考も理解しやすくなり、仕事の上でも役に立っています。
おまけですが、外食が好きな私としてはカップルだと行けるレストランのバリエーションが増えて、ますますグルメ巡りが楽しくなりました(笑)

 

家族を持つことで新たな喜びを知りました
TAKUROさん 結婚した年齢:33歳
家族も持つことで一番変わったのは、自分よりも大切な存在がいることですね!
独身の頃悩んでいたことがとても小さく感じるくらい人間としてスケールが大きくなった気がします。
もちろん生活は少し変わりますが、大好きな趣味も仕事も苦なく続けられているし、特に、子供の成長を見守る喜びは大きいんですよね。
ずっと一緒にいられないのが少し辛いですが…笑
私の職場は結婚を早期にする方が多かったので、早めに婚活に本気で取り組んだ方だと思いますが、仕事や妻の手伝いなどを考えると、体力のある30代前半に結婚したのは正解だったなと思います。

 

こん‐かつ【婚活】


「結婚活動」の略 理想の相手を見つけ、幸せな結婚をするためにさまざまな活動をすること。女性の社会進出、晩婚化、ライフスタイルの多様化などにより男女がすぐには結婚しなくなったことから、結婚のためには就活(就職活動)のように積極的な働きかけが必要になってきたとするもの。

 

未婚率上昇の背景
この背景には社会の変化があります。

・昔は親が決めた結婚やお見合い結婚、社内結婚が主流。
・近年社内恋愛を避ける人が増えた。
女性の社会進出ハラスメント個人情報の取り扱いなども影響。
・経済格差により、「結婚したくてもできない」人が急増。

 

女性が望む収入と男性の年収とのミスマッチ
・未婚女性の4割が結婚相手に年収600万円以上を求めるが、
・同年代の未婚男性で年収600万円を超えるのは3.5%
・理想と現実のミスマッチが一部の男性に多くの女性が群がる傾向が増え、大半は負け組。

 

社会情勢の変化
・過剰すぎるセクハラで消極的にならざるを得なくなった
・個人情報法保護法により、“釣書”持参のうえで、お見合い相手を探す習慣が薄れた

 

メリットがないと結婚に踏み切れない
・男性の収入だけで、生活を維持するのが困難情勢
・女性が共働きを覚悟しなければいけない状況
・結婚の条件を複雑にし、敷居を高くしている

 

早めの婚活がオススメ

あれこれ考えず、学生時代のように、本気で恋愛し、相手を思う気持ちがあれば、経済的には厳しい状況から、「お互いに協力して家庭を築ける」と思えるお相手を探した方が、結果的に幸せな結婚相手が見つかります。

婚活サイトやお見合いサイトも多数あり、中々選択に苦慮しましが、そこで婚活比較サイトが便利と思いますので、ご紹介します。

あなたに合う結婚相談所の無料体験サービスを診断『結婚相談所比較ネット』


婚活の必要な時代だということは良く知られていることですが、そんな今、パートナー探しに「結婚相談所」という選択肢を入れる人が増えて来ました。

 

その主な理由は?

結婚を真剣に考える人だけが集まっている。
付き合ったけど、結婚の話になると彼が尻ごみ…。なんて事にならないのが一番!

条件の合う理想の相手を見つけやすい。
職業や年収、住んでいるエリアなどの基本的な条件はもちろん、価値観や性格もある程度知った上で会えます!

身元のしっかりした人だけだから安心。
結婚相談所では入会資格を設け、年収証明と独身証明を用意できた人のみが入会しているので安心なのです。

知人の紹介だと断りにくい場面でも、角が立たない
会ってみて価値観などが違うと感じた場合は、相談所のスタッフを通して意思を伝えることができます。

 

その結婚相談所も多種多様です。
活動費用は1年間で20~30万円が平均のようです。
最近は初期費用が安く活動を始めやすいコースを用意したり、お得なキャンペーンを実施している相談所もあります。
詳しくは資料に載っている料金・コースを比較・検討して自分にあった結婚相談所を選びましょう

 

サービス内容や料金は相談所によって大きく違います!
結婚相談所は、各社によってサポートのスタンスが大きく異なります。

より便利に活動できるようにネットで会員の写真を自由に閲覧できる相談所もあれば、プライバシー保護のため写真はオフィスのみで見らる相談所もあります。

自分の性格やライフスタイルに合った結婚相談所を選ぶのが、上手に活用するポイントになります。

お取り寄せ登録完了までたった2分、登録はコチラです。