健康 快適 信頼 靴 通販

株式会社アサヒコーポレーション【アサヒシューズ】
靴で日本の健康を支えます。

「健康」「快適」「信頼」靴通販サイト


 

「私たちは靴を通じて日本の健康づくりに貢献します。」という企業理念を掲げ 商品開発、販売を行っております。

弊社ネットショップは、近くに取扱店が無いお客様へご利用いただくことを目的とし、「健康」「快適」「信頼」をコンセプトに販売している靴通販サイトです。

独自の機能商品(高齢者用、ひざを守る靴、全天候対応靴)を開発し、多くのお客様に好評です。 近年は国産の生産品が好評です。

・快歩主義:シニア向け。また、リハビリなど介護
・日常生活に使用される方
・メディカルウォーク:ひざに不安が有る方。ウォーカー。健康を意識する方。
・トップドライ(全天候対応):主に女性が購入。オシャレで機能的な靴を求める方。雨、雪の日にもオシャレな方。
・通勤快足:ビジネスマン向けが主。フォーマル、カジュアルを楽しむ方。
・ウォークランド:オシャレな男女。国産品が好きな方。
・健康くん:幼児から小学校低学年向け。通園通学、日常の遊び。

・快歩主義:全て日本製。販売累計700万足。シニア向けの靴でNO1評価を頂いてます。
・メディカルウォーク:販売累計100万足。ひざのトラブルを予防する靴とご利用いただいています。
・トップドライも全て日本製。ゴアテックス素材使用で全天候タイプの靴です。大好評!
・通勤快足:販売累計620万足。全て日本製。ビジネスマンに欠かせない1足です。
・健康くん:子供の足を守る、育てる。日本の子どもの足6万人の足型から開発しました。

「健康」「快適」「信頼」靴通販サイトの特集

商品の販売サイトへ

【公式】世界初!ひざのトラブルを予防する靴【アサヒシューズ】

「健康」「快適」「信頼」靴通販サイト商品の一例

【公式】世界初!ひざのトラブルを予防する靴【アサヒシューズ】


ビジネスマンの制服としてのスーツ姿に注意

ビジネスマンの制服と言えば、スーツとシャツにネクタイと靴、そして靴下となります。

ビジネスマンの中には「外見や身だしなみなんて関係ない。ちゃんと中身を見てほしい」という人もいますが、それは大きな間違いです。
キチンと仕事の出来るビジネスマンは、まず身だしなみがキチンと出来ているものなのです。

スーツ、シャツのデザイン
スーツやシャツはビジネスにおける正装です、奇抜・派手なデザインは避けたほうが賢明です。
基本的にシンプルなほうが好まれる傾向にあるようです。
また、チェック柄のスーツにはチェック柄のシャツを合わせないなど、着合わせにも注意すること。

スーツ(上着、ズボン)、シャツのプレス
ヨレヨレのスーツやシャツは、くたびれた印象を与えます。
定期的にアイロンをかけることと、1日の終わりにはハンガーにかけて型崩れを防ぐこともお忘れなくしましょう。
ズボンの折り目は絶対要件ですので、着用後はズボンプレッサーが便利です。

【あす楽】パンツプレス SA-4625BL送料無料 ツインバード TWINBIRD
ズボンプレッサー ダークブルー パンツプレッサー スタンドタイプ
・楽天ランキングNO1
・使い方は簡単
プレスシートと2段ロック機能で簡単・正確にプレス、オートオフ機能付き(消し忘れ無し)、小物入れ付き、スリム設計
価格:9980円(税込)、送料無料

スーツは1日着たら数日間は休ませることが必要です。
型崩れの防止と、シワ取り、長持ちに有効な手段となります。
一着しかないのはもってのほかです。
また、襟や袖口に汚れがないか。ほつれ、ボタンにも注意が必要です

サイズの合った服装
スーツやシャツがダボダボ、ピチピチという不格好な姿は自分の印象を下げてしまう要因となりますので、サイズに合ったサイズを選びましょう。
特にワイシャツは袖丈、肩幅、復位、襟回りのサイズを合わせることが肝心で、ワイシャツの第1ボタンが止まらないようでは合ったサイスと言えません。
男性の場合は服装に無頓着でサイズ選びが苦手という人もいますが、ショップスタッフにちゃんとチェックしてもらうなど、プロのアドバイスを受けて選ぶことです。
また、社会人になると不規則な生活の影響で体型が変わることも注意しましょう。

ニットワイシャツ ノーアイロン 長袖 形態安定
【選ばれ続けてNo.1】ポロシャツのような着心地 満足いかなければ返品OK
【クセになる着心地】ノーアイロン ニット素材 長袖 ニットワイシャツ 形態安定 ストレッチ
・ ボタンダウン、ワイドカラー 白 ホワイト、青 ブルー ネイビー グレー 、ストライプ 無地 ]
価格:3133円(税込)、送料無料

清潔さ
白いシャツが黄ばんでいたり、襟や袖に汚れがあると、不潔な印象を与えます。
スーツも含め、ほつれがあったりボタンが取れていると、だらしないと思われることも。
シャツは汚れたらすぐにクリーニングに出すか、自宅で洗うにしても部分漂泊をするなど気を使うこと。
ちょっとしたほつれはハサミで処理、ボタンもすぐに付けてしまいましょう。

シンプルなデザインのネクタイ
ネクタイはスーツのアクセント。
ミスマッチなデザインだと、失笑を買ってしまうこともあります。
基本的にはシンプルなデザインにおさえておくことです。
奇抜であったりキャラクターモノもありますが、あくまでオシャレ上級者(?)向けなので、一般的な会社員は避けたほうが無難です。
ネクタイの結び目や曲がりにも気をつけること。自宅を出る前に姿見で確認しましょう。

ベルトと靴
やはり、スーツにはシンプルなデザインの靴、ベルトがマッチします。
靴の汚れは禁物、定期的に靴磨きは最低限のマナー
ベルトのヨレ、シワ、長さ、肥ったため複数の穴開き・・は定期的に交換すること
ベルトと靴は基本として革で同色がベスト!

ビジネスに合った靴下
スーツに白いソックスはNG。
黒や紺といったベーシックな色遣いにすること。


クールビズ

クールビズが導入されたのは2005年で、当時環境大臣だった小池百合子さん(現東京都知事)の旗振りで始まったことは有名な話です。
クールビズの運動は小池環境大臣が当時の小泉総理から「夏場の軽装による冷房の節約」という指示を受けて具体化したものです。
でも環境省から「冷房の節約をしましょう」と言われてもそれほど盛り上がらなかったと思います。
「クールビズ」という言葉を使った小池さんのPR方法も功を奏して。、今日では完全に定着をしています。

大事な点は冷房温度を抑えることでエネルギー消費量を抑えることにあり、地球温暖化対策や節電などが本来の目的なのです。
クールビズで環境省が推奨する室内温度は28℃で、室内の温度に対応できる服装をしましょうというのがクールビズの流れなのです。
ちなみにネクタイを外して襟元を開けるだけで体感温度が3℃違うと言われています。
クールビズが始まって以降、夏場の服装は変化していきました。

今では男性がスーツの上着やネクタイをしないことに違和感はないですね。
昔はどんなに暑くても男性はスーツを着てネクタイを締めていましたし、仕事場はオフィシャルな場だからと半袖は厳禁という会社も沢山ありました。
定着のひとつは国や地方自治体が率先して取り組んだおかげで、民間会社でも上着やネクタイ無しでもビジネス上支障ないということが定着したのだと思います。
今では、パリッとしてお客様のところに行くと、暑苦しいからネクタイをはずしてもらえませんかと言われた、なんて笑い話まで現実にありました。

すっかり定着しましたがクールビズ導入期間は6月1日から9月30日までです。
しかし東日本大震災以降、電力不足対応などもあり今では環境省が設定する始まりは5月1日になっています。

クールビズの内容
さて、男性がネクタイをしないというのが一番わかりやすい事例なのですが、実は服装については細かに規定されています。
上着

ノーネクタイ ノー上着 半袖シャツ ポロシャツ アロハ Tシャツ ランニング
クールビズ × × × ×
スーパークールビズ ×

パンツ

チノパン ジーパン ハーフパンツ
クールビズ × ×
スーパークールビズ ×

履物

スニーカー サンダル
クールビズ × ×
スーパークールビズ