アラプラス 糖ダウン

40歳以上の日本人は20%が隠れ高血糖!
放置すると脳梗塞や心筋梗塞、網膜症や腎障害の可能性も?!

今すぐチェック!

・炭水化物(ごはん、麺類)が大好物
・仕事などで外食する機会が多い
・最近、血糖値が高めと言われた
・普段の運動習慣がない
・食事は不規則
・プレッシャ-を感じることが多い

放置すると健康な生活を奪いことになりかねません。

このような心配は「糖ダウン」にお任せください

 

「糖ダウン」を試した方から嬉しい声が届いています。


・カリントウ好きの私も効果を実感・・・68歳男性
・サプリが続かなかった私が継続できてビックリ!・・・60歳女性
・空腹時の血糖値をサポートしてくれるのが嬉しい・・・57歳女性
・私の健康維持に欠かせない仲間です。・・・80歳男性
・あの心配は何だったのだろう、って過去形に。・・・49歳女性
・血糖値が酔う状態になって、ほっとしました。・・・49歳男性
・好きな時間に飲め、知って得する糖ダウンです。・・・61歳女性

血糖値が気になる方へ【アラプラス 糖ダウン】

今まで対策が続かなかった方も、これから始める方も「糖ダウン」にお任せください。

 

※ 75mg 2h-OGTT*が200mg/dL以上の被験者の糖ダウン摂取12週間後の75mg 2h-OGTTの平均変化量
*2h-OGTTは食後血糖値の測定方法のひとつで、短時間に75mgのブドウ糖を飲んでもらい、
2時間経過後の血糖値を測定して、糖尿病の程度を判断します。

出所:Higashikawa,F.etal.,Nutrition.2013;29(7-8):1030-1036.をもとに改変

 

配合成分ALAは専門家からも注目

糖の消費にかかわるエネルギー代謝をサポートする成分

アミノ酸ALA(5-アミノレプリン酸リン酸塩)がポイントだと思います。

糖ダウンは機能性表示食品として、消費者庁に届け出が受理されました。

本品は5-アミノレプリン酸リン酸塩を含み、高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後の血糖値の上昇を穏やかにする機能があります。
血糖値高めの方に適しています。


空腹時と食後の血糖値をWで対策

糖の燃焼を促し、健康な糖代謝をサポートする。

このメカニズムを実現した独自成分「ALA」とは?

プラチナより効果と言われた貴重な成分です。
年齢とともに減少する成分で食生活のでとるのはなかなか難しい成分です。

この「ALA」を1カプセル15mgも配合しました。

野菜で若々しさのためのALAを15mg摂取するには、
トマトで約150kg以上
ほうれん草なら93kg以上
食さなければなりません。

 


「血糖値高め」の方にアラプラン糖ダウンを3ヶ月摂取 実証!

 


糖ダウン 発売5周年を記念キャンペーン

定期価格が初回82%OFF初回限定1000円(税込)
2回目以降は約2ヶ月分を2ヶ月ごとに20%OFFでお届け!
定期コースは解約の縛りはありません。
「解約の場合は発送予定日の15日前までにご連絡」

子供の生活習慣病

厚労省では子供の生活習慣病など防止策を策定
厚生労働省は2020年度から、子どもの健康状態と生活習慣病などの関係を分析するためのデータを作ることを決定しました。
乳幼児と小中学生の健康診断データを電子化し、匿名にしたビッグデータを大学などの研究機関に提供する。
将来の病気につながりやすい若い時期のリスクを評価し、施策に役立てる。地域差も分析し、効果の高い医療施策の全国展開につなげるとしまた。

生活習慣病や、メタボリックシンドロームは、かつて成人病と言われていたこともあり、大人がかかる病気だと認識されている方も多いと思います。
しかし、実は最近は成人だけでなく、子どもにも増加していて、生活習慣の変化などが要因となっています。
子どもの頃に肥満であったりメタボであったりすると、動脈硬化が着実に進み、成人してから脳卒中、心筋梗塞、認知症などの動脈硬化性疾患になる可能性が高くなってしまいます。
また、子どものうちから生活習慣病が発病することもありますので、早期に予防していくことが大切です。

子どもの生活習慣病の状況
近年では、内臓脂肪蓄積や、空腹時血糖や血中脂質(HDLコレステロールと中性脂肪)などの生活習慣病における危険因子が、小・中学生とも毎年上昇しています。このことに伴い子どもの肥満も増加し、深刻な問題となっています。
こういったことから、現在では新たに小児期メタボリックシンドロームの診断基準が設けられました。子どものうちから、メタボリックシンドロームに注意を払い、早期発見・早期予防に向けた取組みが行われています。

子どもの肥満・メタボリックシンドロームについて
子どものうちに肥満であった場合、その70%程度が成人の肥満に移行すると考えられます。
また、肥満の程度が高い(太っている)場合は、高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病となる可能性が高くなりますので、子どもの頃からの肥満対策が大切です。
子どもの肥満度の目安としては、次の式によって肥満度を計算することができます。

年齢別の身長と体重によって肥満度を計算します。
(標準体重は下の表を使用して確認してください。)
肥満度(%) = (実測体重 – 標準体重)÷ 標準体重 × 100
肥満度15%以上が肥満児
学童期以降(小学校入学以降)では
20~30%が軽度肥満
30~50%が中度肥満
50%以上が高度肥満

厚生労働省の研究班によると、子どもでも肥満度が高いと、中性脂肪、血圧、血糖などが上昇し、HDLコレステロール値(善玉コレステロール)の低下が見られ、メタボリックシンドロームを発症している可能性が高いことが分かってきています。

こういった状況から、従来の小児肥満の肥満度測定とは別に、厚生労働省の研究班によって2年間の研究をもとに「小児期メタボリックシンドローム」の診断基準が作られました。
その診断基準は以下のとおりです。

小児期メタボリックシンドロームの診断基準(6~15歳)
ウエスト周囲径
・中学生80cm以上
・小学生75cm以上 またはウエスト周囲径(cm) ÷ 身長(cm) = 0.5以上

選択項目(下記項目のうち2項目以上に該当する)
・トリグリセライド(中性脂肪): 120mg/dl以上
・HDLコレステロール: 40mg/dl未満
・収縮期(最大)血圧: 125mmHg以上
・拡張期(最小)血圧: 70mmHg以上
・空腹時血糖: 100mg/dl以上

子どもの生活習慣病の予防について
小児メタボリックシンドロームを促進させるものには、次のようなものがあります。
・朝食を食べない。
・夕食時間、就寝時間が遅い。
・睡眠時間が短い。
・スナック菓子を多く食べる。
・部屋にこもって長い時間ゲームをする。

こういった生活状況を改善しなければなりません。

家庭で気をつけるべき生活習慣
子どものメタボ要因に気をつけるだけでなく、家庭全体の習慣も見直すことが大切です。両親がメタボリックシンドロームだと、子どもも同じようにメタボになってしまいます。
家庭全体がメタボ傾向にある場合は、次のような生活習慣になっていないか確認してみましょう。
・移動は車が基本で、歩くことが少なく運動習慣がない。
・食事は洋食が多い。(基本的に和食よりも脂肪分が多くなってきます。)
・間食が多い。
・ソファや床に寝っ転がっている

こういった習慣を少しずつ改善していくことが大切です。
・朝食をパンからお米に変えるだけでも、大きな違いになります。
パンにはマーガリンやジャム、チーズを使うことが多くなるので、カロリーや脂肪分が多くなってしまいます。
また、糖分の吸収が速く血糖値の変化が大きくなりますので、より血管への負担が大きい可能性があります。
・夕食前に菓子パンなどを食べる習慣を止める
最近ではお母さんが働いている家庭も多く、夕食を食べる前に子どもさんがお腹をすかせてしまい、菓子パンなどを食べさせているという家庭もあると思います。
菓子パンは比較的安く買えるものが多くありますが、カロリーが高く肥満になりやすいのですので、摂取し過ぎないように気をつけなければいけません。

運動をする習慣を身につける
世の中が便利になり過ぎて、高齢者や身障者に負担が掛からないようにエレベータやエスカレーターが普及し、ご家庭でも自動車での移動も増えて、体を動かさなくなっています。
子供の生活も外遊びは危険なため、家の中での遊びが増えたことが原因になっているので、意識的に体を動かすことを努めましょう。
・登校・登園はできるだけ徒歩で行う
・ショッピングモールやデパートでは「階段」に切り替える。
・週末は親子で「身体を動かす」おでかけ「公園、プール、アスレチック施設」など、
・週に1度はスポーツをする

》》》生活習慣病メニューに戻る


生活習慣病で入院した場合

生活習慣病やケガで入院した場合に心配なのは、病院での不自由な生活だけでなく、長期入院による治療費や差額ベッド代などで経済的な負担が重くなることがあげられます。

厚生労働省の「平成26年 患者調査」によると、退院患者の平均在院日数は31.9日となっています。

傷病別にみると、一番長いもので「統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害」が546.1日、続いて「血管性及び詳細不明の認知症」が376.5日、「アルツハイマー病」が266.3日となっています。

傷病別・年齢階級別平均在院日数

傷病別 総数 男性 女性 35歳から64歳 65歳以上 75歳以上
全体
31.9
29.8 33.9 24.4 41.7 47.6
胃ガン
19.3 17.8 23.2 13.9 21.0 25.7
腸ガン 18.0 17.1 19.2 13.5 20.0 24.5
肝・胆ガン 18.8 18.9 18.8 15.8 19.3 21.6
肺ガン 20.9 19.0 25.2 16.7 22.3 26.9
糖尿病 36.5 27.5 45.4 20.0 47.4 65.2
認知症 37605 290.4 439.7 267.5 380.7 383.1
高血圧 60.5 29.4 80.5 13.8 68.4 83.3
心疾患 20.3 13.8 30.1 9.0 23.7 30.5
脳血管疾患 89.5 70.0 112.3 49.5 100.7 116.0
骨折 37.9 28.9 43.4 21.9 47.7 5.9

入院時の自己負担費用の平均は約22万円
当センターが「直近の入院時の自己負担費用」について調査したところ、自己負担費用の平均は22.1万円となっています。

費用の分布

費用の範囲 構成比率
10~20万円 39.3%
5~10万円 17.5%
20~30万円 13.1%
30~50万円 13.1%

直近の入院時の自己負担費用
(注1):過去5年間に入院し、自己負担を支払った人をベースに集計。
(注2):高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額。
(注3):治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品費などを含む。

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度>
1日あたりの入院保障額はどれくらい?
1日あたりの平均は男性で10,800円、女性で9,200円
当センターが行った「生活保障に関する調査」では、「疾病入院給付金の支払われる生命保険に加入」とした人の疾病入院給付金額の平均は、男性で「10,800円」、女性で「9,200円」となっています。
時系列でみると、男性は前回の調査から100円減少し、女性は200円増加しています。
疾病入院給付金の日額(全生保)

1日当たりの入院保障額1万円が適正か否かを検証してみます。
上記の実績値の平均を引用した場合
1入院で要した費用を20万円とした場合に、平均入院日数31.9で割ったら6,270円となり、
1万円の保障なら充分と言えます

入院保障の医療保険の選び方
・保障日数について
日帰り入院から保障するもの、5日以上が対象とするものがありますので、要注意です。
1入院の日数限度について、40日、60日、90日、120日、180日の設定があります。
「在院日数から40日以内でも大半は範囲内に収まりますが、支払われない場合もあります」
通算日数にも限度日数が設定されているものもあります。
「同一の傷病で入退院を繰り返した場合に通算されるものです」

・その他
三大疾病特約
三大疾病とは主に、日本人の死因の約半数を占める「がん」、「心疾患」、「脳血管疾患」のことを言い、
特に高額保障されているものもあります。

・加入に関して
高齢になり、医療保障が必要になってから加入しようとしても、加入できない場合や高額になることから、
ある程度若い内から、終身保障を選ぶことがポイントです。
また、ご親族の方の病歴などを調べて、遺伝も考慮されることも一案です。
最近は窓口でも、ネットでも比較見積サービスが受けられますので、以上のポイントを検証したうえでご加入してください。

》》》生活習慣病メニューに戻る


生活習慣病と骨粗しょう症

当記事のテーマでもある、生活習慣病とは長年の生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気の総称です。
代表的な生活習慣病には、高血圧、糖尿病、脂質異常症などがあります。

これら生活習慣病は骨粗しょう症と深い関わりがあります。
生活習慣病があると骨密度が減少するだけでなく骨質が悪くなるので、病気のない人に比べて骨折リスクが高くなることが分かっています。
どちらも自覚症状が現れにくいため、重症化してはじめて病気の存在に気づくという人は少なくありません。
健診などで生活習慣病関連の検査値が「異常」と指摘されたら、医師の診察によって詳しい検査を受けるとともに、骨の健康にも気を配るようにしましょう

骨粗しょう症と関連が深い糖尿病とは
生活習慣病の中でも、とりわけ骨粗しょう症と関係深いのが糖尿病です。
糖尿病は、血液中のブドウ糖(血糖)の多い状態が続くことで、全身の血管に負担がかかり、血管や臓器が障害される病気です。
血糖値が高くなっても、初期には目立った症状は現れません。
しかし、放置して血糖値の高い状態が続くと、さまざまな合併症を引き起こすことがあり、その代表的なものに「糖尿病網膜症」、「糖尿病神経症」、「糖尿病腎症」があります。
糖尿病があると動脈硬化が進行しやすくなるので、脳梗塞や心筋梗塞などの引き金になり、命に関わることもあります。

糖尿病が骨を弱くするワケ
糖尿病は骨の健康にどのように影響するのでしょうか。
これには、インスリンというホルモンが関係します。食事から摂った炭水化物は、糖質に分解されてブドウ糖となります。
そして、肝臓へ蓄えられて必要な分だけ血液中に送られ、筋肉などに取り込まれてエネルギー源として使われます。
実はこのブドウ糖の量を一定範囲内に調節しているのがインスリンで、インスリンが十分に作用しなくなったり、分泌量が低下したりすると、ブドウ糖が血液中に過剰に増えてしまいます。このように血糖値の上がった状態が続くのが糖尿病です。
一方で、インスリンには骨をつくる骨芽細胞を増やす作用もあります。そのため、糖尿病になってインスリンの作用が低下すると、骨の新陳代謝において「つくる」よりも「壊す」働きの方が強くなり骨密度が低下します。

bd433.jpg

また、インスリンには腎臓でビタミンDを活性型ビタミンDにする働きがあります。活性型ビタミンDは腸管におけるカルシウムの吸収に欠かせません。
インスリンの作用の低下や分泌量の不足がある糖尿病では、せっかく食事でカルシウムを摂っても吸収されにくくなってしまうのです。

さらに、血糖値が高い状態が続くと、尿の量が増えてカルシウムの排泄量も増えます。すると、体内のカルシウム不足を骨のカルシウムで補うことになり、骨密度はますます減少してしまいます。
糖尿病は骨密度を低下させるとともに、骨に含まれるコラーゲンの劣化を引き起こします。コラーゲンが劣化すると骨質が低下し、骨のしなやかさや強さが失われるため、骨折しやすくなります。
糖尿病は日本人に大変多い生活習慣病のひとつですが、糖尿病になってもきちんと治療を受けて血糖コントロールをしている人は、半数程度しかいないとされています。
糖尿病は放置すると全身にさまざまな障害を起こす病気です。早期発見、早期治療とともに、骨の健康対策も心がけることが大切です。

骨の健康対策の方法として、次の方法がお勧めです。

骨の健康を応援するカルシウムタブレットかるみるくあなたの骨に自信がありますか?
吸収率の高いミルクカルシウム「かるみるく」が最適です。

・カルシウムとリンの黄金比率2対1で配合し、吸収率の悪いカルシウム効率よく吸収が大切です。

1日に3粒食べるだけで374mgのカルシウムを摂取でき、平均摂取不足をカバーすることができます。

・カルシウムの吸収を助けるマグネシウムを配合

カルシウムとマグネシウムの黄金バランスの2:1、マグネシウムは骨に弾力を与え、丈夫でしなやかな骨を形成します。
・その他のカルシウムの吸収を助ける素材
「ビタミンD」
「CPP(カゼインホスホププチド)」
「クエン酸」
※厚労省では
カルシウムについては、成人で600~700mgの摂取量が必要とされている。
成人の平均摂取量は517.3mgである。
◆コツコツ定期便
通常価格5000円(税抜)を定期便初回908円(税抜)・送料無料でお届け
定期便の縛りはありません
安心の30日間返金保証

》》》生活習慣病メニューに戻る


不満解消のはけ口としてアルコール依存へ

アルコール飲料は、祝祭や会食など多くの場面で飲まれるなど、生活・文化の一部として親しまれてきています。
が一方で、健康の保持という点からの考慮を必要とされています。

・短時間内の多量飲酒による急性アルコール中毒は、死亡の原因となることがある。
・慢性的な影響として、臓器障害:肝疾患、脳卒中、がん等の疾患に関連する。
・長期にわたる多量飲酒は、アルコール依存症となり精神的・身体的健康を損なう。

 

厚労省では「節度ある適度な飲酒」を推奨している
厚労省では、研究を集積して検討した結果では、男性については1日当たり純アルコール10~19gで、女性では1日当たり9gまでで最も死亡率が低く、1日当たりアルコール量が増加するに従い死亡率が上昇することが示されている。

従って、通常のアルコール代謝能力を有する日本人においては「節度ある適度な飲酒」として、1日平均純アルコールで約20g程度である旨の知識を普及する。
なお、この「節度ある適度な飲酒」としては、次のことに留意する必要がある。
1) 女性は男性よりも少ない量が適当である
2) アルコール代謝能力の低い者は指針より少ない量が適当である
3) 65歳以上の高齢者においては、より少量の飲酒が適当である
4) アルコール依存症者においては適切な支援のもとに完全断酒が必要である
5) 飲酒習慣のない人に対してこの量の飲酒を推奨するものではない
アルコールは体にも精神的にも良くないということは言われいるし、厚労省の指導でも適量なら良いが、度を過ぎることは良くないと指摘している。
が、なぜアルコール依存に陥ってしまったのかを深く追求はしていないように思えます。
大事なことは、アルコール依存になった根本の原因を取り除くことでは無いでしょうか。
考えられることは、不満の解消のはけ口としてお酒に走ったとするケースが最も多いい用です。

不満とは、家族(夫、妻、姑、舅・・・)であったり、勤務先の上司や同僚、組織そのものであったりします。
これらの場合でも、相手に原因があるのか、もしもしたら自分に原因があるのかもしれません。
この様な場合には専門家のカウンセリングを受けて、不平・不満やストレスの原因をはっきりさせて、それを取り除くことから始め、次にアルコールを控える、止めるの段階へと進む必要があります。

》》》生活習慣病メニューに戻る