お医者さんのコルセット

二重構造のWクロスベルトがブレがちな腰椎を固定し、後ろからよりしっかり支え4本の特殊S字ステーはそのままに、クロスベルトをダブルにしたことで、さらにしっかり腰痛で痛めた腰のブレを支えることが可能になり腰痛に、より効果的になりました。

 

お医者さんのコルセットがグレードアップ


大好評の「お医者さんのコルセット」がグレードアップしました

ぎっくり腰から日常の腰の痛みに最適

腰は身体の要とはよく言ったもので、「腰が折れる」「腰が砕ける」というように、腰というのは大事な部位の象徴的な存在です。
腰痛になり腰に不安を持った身体では、運動はおろか、日常生活にまで支障が出てきてしまいます。

私は日常生活の中でぎっくり腰になりました。
最初は靴下を履こうとして、片足を上げたとき、ギクッとなり、腰を伸ばすことすらできない状況で、近くの整形外科に行くのがやっとでした。

以降、
中腰で庭の草取りをし、腰を伸ばしたとにギクッ!、
歯磨きを終え腰を伸ばした時にギクッ!
とやや慢性化した状態でした。

一度腰痛になると、朝起きることも面倒、顔を洗うことや歯を磨くことさえ億劫になり、電車や車に乗ることや、食事や仕事までがとにかく憂鬱になりました。
また、重いものを持ち上げたときにギクッと来るあの腰痛の怖さは、染みついて離れません。

そんな時に出会ったのが腰痛ベルトでした。
整形外科での治療、まずは強い痛みをやわらげるために鎮痛剤の注射をされました。
更に同痛み止めの薬を服用するよういと勧められ、痛みが軽減したところで腰の骨の歪みを改善するための治療を何度か受けて改善に向かいました。

再発予防のために勧められたのが、コルセット
コルセットを付けることで、姿勢を正しくし、急激な負担を避ける目的があったのではないでしょうか?

コルセットも幾つも試しましたが、最後に到達したのは「お医者さんのコルセット」でした。
フィット感と固定力をさらにアップさせ、腰痛により効果的な「お医者さんのコルセット プレミアム」をお勧めします。

二重構造のWクロスベルトがブレがちな腰椎を固定し、後ろからよりしっかり支えます。

4本の特殊S字ステーはそのままに、クロスベルトをダブルにしたことで、さらにしっかり腰痛で痛めた腰のブレを支えることが可能になり腰痛に、より効果的になりました。

またサポート力が3ヶ所で調節できるようになったので、体型にお悩みの方にもぴったりフィット。
脚の付け根に沿ったカーブで様々な動きにスムーズに対応し、腰痛の方に快適にお使いいただけます。

上部ベルトが腰椎を、下部ベルトが骨盤を幅広ベルトと共に締めこむ3段式の2重構造で腰痛に効果的になっています。
また3ヵ所で調節可能なので、まるでオーダーメイドのように体にフィットし、ズレにくく、お腹への圧迫感もありません。
腰痛の悩みの度合いによってもサポート力を調節できます。

ムレにくいサポーター素材
旭化成〈テクノファイン〉を使用。
伸縮性・耐久性・快適な装着感を追求したメッシュタイプ。
夏でもムレにくいサポーター素材です。
旭化成の〈テクノファイン〉は特殊なW型の超扁平異型糸で、独特の構造になっています。

●吸汗性に優れ、吸った汗を肌面に戻さず、ベタつきを抑えます。
●速乾性に優れ、ウェア内を快適ドライに保ちます。

カーブ状のライン
腰の付け根に当たらず、座った時も運動している時も、前屈、回旋などの必要な動きを妨げません

幅広ベルト
固定力があり、下腹引き締め効果にも最適です。
S型ステー(背面4本)
腰を的確にサポートし、適度な高屈折性と支持力、フィット性の向上を実現しました。

すべり止め
内側に6ヵ所すべり止めを付け、コルセットのズレを防ぎます。

交換・編品1年間保証

サイズが合わない、体や肌に合わない、効果が無い等ございましたら、商品到着から1年間は交感または返品ができますので、安心してお試しください。

 

詳しくは公式サイトへ≫≫≫腰痛やぎっくり腰に「お医者さんのコルセット プレミアム」

スタイルキーパー 座るだけで背筋がスッキリ

悪い姿勢や同じ姿勢で長時間座り続けると、腰への負担が大きくなり、腰や背中が疲れやすい・・・と感じている方も多いのではないでしょうか?
そんな悩みを解消してくれるのが、ボディバランスクッション「スタイルキーパー」です。

「スタイルキーパー」座るだけで背筋がスッキリ



 

椅子などに敷いて座るだけで自然に背筋が伸びて姿勢が良くなるサポートクッション「スタイルキーパー」の販売プログラムです。

平安時代から伝わる「手座布団」を再現したクッションの絶妙な傾斜が腰を前に押し出し、美しい座り姿勢をキープします。

美しいウエストラインを目指す女性はもちろん、正しい姿勢を身につけたいお子様、長時間のオフィスワーク、車の運転にもおすすめです。

腰や背中が疲れやすい
悪い姿勢や同じ姿勢で長時間座り続けると、腰への負担が大きくなります。

デスクワークで一日中座りっぱなしなど、特に座っている時間が長い方は、腰や背中が疲れやすい・・・と感じている方も多いのではないでしょうか?
そんな悩みを解消してくれるのが、ボディバランスクッション「スタイルキーパー」です。

椅子などに敷いて座るだけで、骨盤のバランスをとり、健康的な姿勢が長時間キープできる姿勢のサポートクッションです。
美しいウエストラインを目指す女性はもちろん、正しい姿勢を身につけたいお子様にもおすすめです。

「スタイルキーパー」の上に座るだけで、背筋がスッキリ伸びて、腰周りのラインが美しく見えます。

「スタイルキーパー」を使うと、骨盤が立ち上がるように矯正され、背骨のS字カーブが本来のかたちに導かれるので、腰が前にでて背筋がスッと伸びた美しい姿勢になるのです。

こんなときにオススメ

1、長時間のオフィスワーク
一日中座りっぱなしでお仕事している方は、知らずに腰に負担を掛けています。
腰にかかる負担は、実は立っているときよりも5割以上強いといわれています。
悪い姿勢で座っているとなおのこと負担が増します。
「スタイルキーパー」を使えば自然に正しい姿勢が保てるので、腰への負担が軽減します。
周りからの印象もガラリとかわります。

2、毎日の運転に
車の運転は同じ姿勢をキープしなければなりません。 身体を自由に動かすこともままならない上、自動車の振動が更に腰に悪影響を与えてしまうのです。 「スタイルキーパー」は、表面は柔らかい素材で出来ていますが、底面はしっかりした素材で作られているので、自動車の座席のような柔らかい椅子の上でも使えます。

3、自宅での勉強や食事のときなどにも
もちろん仕事場だけでなく自宅でも使えます。 椅子だけでなく、床や畳の上でも使用可能ですので、いつでもどこでも正しい姿勢で座ることができます。

4、ストレッチにも
ストレッチのコツは、正しい姿勢で行なう事です。 姿勢が良くないまま行なうと、かえって体を痛めてしまう可能性があるのです。

そこで、「スタイルキーパー」を使えば、正しい姿勢で行なう事ができるので、ストレッチ効果が高まります。

スタイルキーパーの使い方

上図の点線の位置におしりを合わせて使うのがベストです。
体の大きさや骨盤の大きさも人によって異なりますので、マットの傾斜面に坐骨が乗るように座ると良いようです。

シャキッと腰美人
「スタイルキーパー」は、手のひらと同じ感触の二重構造で、筋肉と同じ柔らかさだから疲れにくく、いつまでも座っていられます。
おしりにあたる表側は、やさしい手のひらの弾力です。 裏側の座面は柔らかい椅子や運転席でも沈みにくいしっかり素材で作られています。
クッション内部の後ろ側には、スリット(切れ込み)が入っていて、カラダの左右バランスを整えてくれます。

そのため足組み・片ひじなど、歪みの原因となる姿勢がとりにくくなるのです。
更に、A4サイズのコンパクトな大きさになっていて、カバンにもスッポリ入りますので、持ち運びラクラクです。
スポーツシューズの素材が使用されているので、ヘタリにくく、長持ちで経済的です。
カラーは、トロピカルピンクとブラックの2色です。 カバーは洗濯できます。マット本体は洗えません。

 

詳しくは≫≫≫正しい姿勢がキープできるクッション


らくらく温泉腰サポーター

らくらく温泉腰サポーターは固定と動きやすさで腰サポート
腰サポーターを使うと、ぎゅっと腰周りが固定されてとても楽になるのですが 「らくらく温泉腰サポーター」を監修した監修専門作業療法士の林正春先生によると サポーターに頼りすぎると本来の筋力が弱まってしまうとのことなので信頼できるサポータの利用が重要です。

 

「らくらく温泉腰サポーター」

リハビリ施設と作った腰をしっかり固定し動きやす


 

日本人の約9割が悩まされているという腰痛。

腰サポーターを使うと、ぎゅっと腰周りが固定されてとても楽になるのですが 「らくらく温泉腰サポーター」を監修した監修専門作業療法士の林正春先生によると サポーターに頼りすぎると本来の筋力が弱まってしまうとのことなので信頼できるサポータの利用が重要です。

そこで作業療法士が開発し、リハビリ施設でも採用されている「らくらく温泉腰サポーター」のご紹介です。

①腰の形状に合わせた広めのWボーンが腰椎をサポートすることで、骨盤の安定と梨状筋をほどよく締め付けます。

②腹斜筋の動きを妨げず、 梨状筋を程よく締め付ける構造でバランスよく骨盤周りを整えるため しっかり腰をサポートしつつも腰の動きを妨げません。

さらに握力が弱くてもしっかりベルトが締められるのも隠れたポイント。
どんなに良いベルトでもきちんと装着しないと意味がありません。
これまで多くの腰の悩みをみてきた経験をもとに林先生のこだわりを詰め込んだ腰サポーターです。

【男・女】全世代 腰痛に悩まされている方
しっかり固定してズレにくく、動きやすい腰用サポーターを探している方。
ご紹介します。

【腰痛と梨状筋の関係】
腰痛持ちのほとんどの人に言えることですが、下半身の筋肉がまあ固いです。 それと合わせて、『梨状筋』というお尻の奥の筋肉もカチカチです。
たまに、なかなかバランスが改善しない人なんかの梨状筋を伸ばしてチェックすると、

「先生、無理です無理・・・」と泣きそうになるくらい痛がります(笑)
そのくらい固くなってしまっているということです。

梨状筋とは?ほとんどの人は聞いたことがないかもしれませんね。

これは、お尻にある筋肉の一つで、骨盤を形成している「仙骨」からお尻を横切って大腿骨(足の付け根)の上部に付着しています。

この梨状筋というのがけっこう厄介で、様々な問題を引き起こします。

『坐骨神経痛』というのはよく耳にするかと思いますが、実は『坐骨神経』はこの梨状筋の下を通っているんです。

もし、この梨状筋がカチカチに固くなっていたら、その下を通っている坐骨神経も当然うまく流れませんよね。
痛みやシビレが出ても不思議ではありません。

坐骨神経痛は、よく椎間板ヘルニアの症状だと決めつける人もいますがこの梨状筋もかなり関係していることが多いです。
また梨状筋は骨盤に付着していることから、骨盤のバランスを崩す大きな原因にもなります。

骨盤のバランスが崩れると・・・
→腰痛にもなる!
という具合に、腰痛一つとりあげても、様々な原因が関係してくるという訳です。

腰痛予防のためにも、下半身とお尻は普段から、頑張って伸ばしておいて下さいね。

※サイズ違いや肌に合わない時は1年間、交換、返品を保証します。

 

詳しくは≫≫≫らくらく温泉腰サポーター

高反発マットレス モットン


多くの人は長時間のディスクワーク、車の運転、食器洗い、子供の抱っこ、介護などで日中、腰の筋肉に負担をかけています。
人は一日の内の3分の1は寝ており、この睡眠時に寝返りを打つことで筋肉を休ませているのです。
自然な寝返りをサポートするのに腰痛対策マットレス『モットン』がおススメ!です。

 

球界のレジェンド山本昌さん愛用!自然な寝返りをサポートする


現役32年間を中日ドラゴンズ一筋で活躍してきた球界のレジェンド 「山本昌さん」愛用の高反発マットレス「モットン」の販売プログラムです。

腰の筋肉を休ませる秘訣は”寝返り”です!

 

『モットン』の8つの嬉しいポイント!

1.自然な寝返りをサポートする反発力

日本人は欧米人に比べ、筋力が弱いので、欧米産のマットレスだと反発力が足りないことがあります。そこでモットンは反発力を強化し、力が弱い女性やお年寄りでも簡単に寝返りがうてるようにしました。

モットンはこれまでの高反発マットレスよりも、1度に消費するエネルギー量が少なく、今までの約80%の力で寝返りをうつことができます。そのため、筋力が衰えてしまっても、適度な寝返りを自然にうてるのです。

2.体圧分散に優れ、腰への負担を可能な限り軽減

モットンは反発力が高く、身体全体を支えてくれるため、体圧分散に優れています。

身体を均等に持ち上げてくれるので、理想の睡眠姿勢をキープしてくれるのです。

マットレスはやわらかすぎると重い部分が沈み込み、胸や腰に負担がかかってしまいます。そのため、寝返りが打ちづらくなりますし、筋肉も休まりません。また、寝返りをする際に、首や腰をひねってしまう恐れもあります。

また、マットレスが硬すぎると過度に寝返りをうってしまい、身体がゆっくり休まりません。さらにマットレスが身体を支えてくれないため、寝ているときの姿勢がゆがんでしまいます。
モットンはしっかりと身体を支えてくれ、身体にかかる負担を分散してくれるので、筋肉がしっかり休まります。

腰にかかる負担もやわらぐので、腰痛で悩んでいる人にもぴったりです。

3.8万回の耐久試験にも耐える、優れた耐久性
モットンは非常に優れた耐久性を誇ります。
せっかくの高反発マットレスでも、すぐにへたってしまっては、うまく体圧分散できなくなってしまいます。激安の高反発マットレスだと、数ヶ月でダメになってしまうことも少なくありません。

モットンは8万回の耐久試験を行っており、高い反発力を長くキープできることが分かっています。

一般的に敷き布団の寿命は5年ほどと言われていますが、モットンはその3倍もの耐久性があるため、長く使うことができます。
安いマットレスを何度も買い換えるよりも、よほどリーズナブルです。

4.通気性が良く、蒸れにくい

人は睡眠時に拓コップ1杯分(約200CC)の汗をかくといわれています。
敷布団の通気性が悪いと、汗により湿度も上がるため、蒸れて睡眠の妨げになる原因にもなります。

モットンは発砲する泡の大きさを調整することで、高い通気性を実現し、快適な寝心地を得ることができます。

モットンは汗と空気が上から下へ流れやすい最先端の構造ですので、湿気が溜まりにくく、蒸れにくいのが特徴です。

5.ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので安心

ウレタンフォームは木綿や羊毛、羽毛と違い、ダニや害虫が発生したり、住みつくことはほとんどなく、ほこりも出ないので衛生的です。

また、商品到着時にウレタンフォームの臭いが気になるとの事でしたので、炭の脱臭剤を追加しました。

さらに、取り外しが可能なカバーが付いているので、カバーをこまめに洗えば常に清潔を保つことができます。

6.思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地
通常の高反発マットレスは敷布団やベットマットレスの上に置くこととして4cmで設計されています。

しかし、マットンは厚みを10cmにすることで敷布団を必要とせず、畳や床に直接置いて使用するができます。

また、厚みを10cmにしたことで、横になった際に、体をふんわり押し上げてくれるいな、思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地となっています。

7.安心のアフターサービス

いくら口コミで評判がいいマットレスであっても、それが自分に合っているかどうかは実際に寝てみないと分かりません。
店頭などで触ってみたり、横になってみたりすることはできますが、さすがにそのまま寝てしまうのは無理です。

そこでモットンでは、90日間の返金保証キャンペーンを実施しています。
商品を試してみて、もし自分に合わないと思えば返品して返金を受けることができます。これならば初めて高反発マットレスを試してみるという人でも安心して購入することができますね。

返金保証を行っているマットレスはほとんどなく、ここからもモットンの品質の高さへの自信が感じられます。

8.体重や好みに合わせて選べる硬さ
どのくらいの反発力が必要かは、体格や体重によって変わってきます。そのため、モットンは体重に合わせた3種類のラインナップが用意されています。

マットレスを選ぶ目安として、体重が45kg以下の人は100N、46~80kgの人は、体重が81kg以上の人は170Nのものがおすすめです。

N(ニュートン)の数値が大きくなればなるほど、マットレスは硬くなり、反発力が大きくなります。

こんな方に、安心して、納得して使っていただきたい。という想いと、当店の自信のあらわれと致しまして、寝具業界では異例の返金保証をお付けすることに致しました。
まずは、90日間お試しください

そして、万が一ご満足いただけなければご返品ください。


【モットン】公式サイトはコチラ


腰痛でお困りの方


腰痛でお困りの方、原因はこんなところにありました。
腰痛の原因はいろいろあって、腰が理由でない場合もあります。

以前は、背骨の疾患であったり、内臓が原因の痛みや、関節・筋肉の損傷が原因などが主流でしたが、最近では心理的な影響も腰痛の原因に関わっているのでは?!という見方がなされています。

 

フレイルとは、海外の老年医学の分野で使用されている「Frailty(フレイルティ)」に対する日本語訳です。
「Frailty」を日本語に訳すと「虚弱」や「老衰」、「脆弱」などになります。
日本老年医学会は高齢者において起こりやすい「Frailty」に対し、正しく介入すれば戻るという意味があることを強調したかったため、多くの議論の末、「フレイル」と共通した日本語訳にすることを2014年5月に提唱しました。

フレイルは、厚生労働省研究班の報告書では「加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、心身の脆弱性が出現した状態であるが、一方で適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態像」とされており、健康な状態と日常生活でサポートが必要な介護状態の中間を意味します。

多くの方は、フレイルを経て要介護状態へ進むと考えられていますが、高齢者においては特にフレイルが発症しやすいことがわかっています。
高齢者が増えている現代社会において、フレイルに陥らないように健康寿命をのばしましょう。

フレイルの状態に陥る要因のひとの腰痛

あいたぁ~!と突然やってくる「ぎっくり腰」もありますが、普段から腰が痛い、腰が重いという方もいます。

腰痛には、急な激痛が走るいわゆる「ぎっくり腰」と言われる腰痛の他にも様々な腰痛の種類があります。

「腰が痛い!」と思ったとき、この痛みの原因はこの腰かな?
と思ってしまいますが、腰痛の原因はいろいろあって、腰が理由でない場合もあります。

以前は、背骨の疾患であったり、内臓が原因の痛みや、関節・筋肉の損傷が原因などが主流でしたが、最近では心理的な影響も腰痛の原因に関わっているのでは?!という見方がなされています。

腰痛の原因として上げられること
・体を酷使する肉体労働であったり、重たい荷物を運搬してする仕事に従事する人の腰痛
・長時間車を運転した後の腰痛
・デスクワークで特に体を動かすわけでもない職業の腰痛
・スポーツをした後の腰痛
・たくさん眠ってしまった後の腰痛>

肥満も原因
また肥満が腰痛の原因になることももちろんあります。お腹に脂肪がついてくると、体の重心線がずれてきます。
体を安定させるために、無意識のうちに身体が反り気味になってくるので、重心線がずれてしまうため、腰痛を起しやすくなってしまいます。

そして、重心線がずれて「出っ尻」になってしまいます。
背骨は緩やかななS字カーブになっていますが、お腹は前で突き出しお尻は後方へ突き出していまうと、身体が反った状態になってしまいます。
反った状態でいると、関節は圧迫されて負担となってしまいます。

そして、当然ながら負担がかかった関節は機能が低下してしまいます。
関節付近の痛みを感じる神経が、腰を動かした時に痛みとして感じることにも繋がってしまいます。

疲労も原因
腰が重たくなってだるさを感じた時の腰痛は、腰を支える筋肉や靭帯などが慢性的な疲労と緊張感から起こるといわれいます。

この場合には、背骨の横にある筋肉が硬くなっていて張っている状態になっていることが多くなっています。
慢性的な腰の疲労は、姿勢の悪さ・長時間の車の運転・長時間のデスクワークといった日常生活の中に腰の疲労となる原因があります。

どんなに腰が痛くても、この場合はレントゲン写真を撮影しても、異常が見られませんが本人はとにかく腰の痛みを感じます。

そして慢性的な疲労が原因の腰の痛みの場合には、腰痛を繰り返してしまうことが多くなっています。
長時間同じ姿勢をとることが原因になっているので、30分~1時間ごとに胸を開くストレッチをしたり、することで猫背のような前屈姿勢を解放してあげることが必要にないます。

適度なストレッチをとることで、背骨のS字カーブにも良い影響になり、腰への負担を軽減することができます。

血流の悪さが原因
姿勢の悪い状態が続くと、身体の左右対称そして前後とバランスが崩れます。そして背骨がゆがんでしまうと、背骨の横に流れている太い血管や神経の流れが圧迫されてしまいます。

血流が滞ってくると、身体に必要な酸素や栄養分が届かなくなってしまい、神経の圧迫によって痛みとして表れてきます。

血液には疲労物質を回収するという役割がありますが、疲労物質を効率よく回収するには血液が必要になります。
血行が悪くなってしまうと、代謝が滞ってしまい疲労物質が蓄積されてしまうので、疲労が蓄積され痛みとして身体に感じます。

ぎっくり腰
ある日突然!!その時がやってくるかもしれません。それは『ぎっくり腰』です。正式名称は『急性腰痛症』ですが、まさに腰に【ギクッ!!】と瞬間的な痛みが走ります。
なった人は「信じられないほど痛かった」などと言いますが、大袈裟ではありません。まさに激痛です。

若くてもなる人はなります。ぎっくり腰になるキッカケですが、よく聞くのが「荷物を持ち上げようとした時」、「靴下を履こうとして片足を上げたとき」、「くしゃみをした瞬間」、「歯磨きをしてうがいをしようと前かがみになった瞬間」だったにもぎっくり腰になります。

急なぎっくり腰の対処法
すごい一撃のぎっくり腰になった時には、動けなくなってしまいます。
そのまま床に座り込んでしまったまま、固まってしまい動けなくなってしまうこともありえます。

痛みの程度はいろいろあり、なんとか動けて日常生活が過ごせたけど、翌朝起き上がることができなくなってしまう人もいます。

ぎっくり腰になったら、出来るだけ早期に専門医に診てもらいましょう。

取りあえずは「腰を安定させること!」
方法は安定してくれる腰痛用ベルトがあればいいのですが、もし腰痛用ベルトが無い場合には、長いマフラーや布を代用品として使って腰を安定・補強することで立ち上がることができるのです。

腰痛予防
寝相がいい人ほど、腰痛になり易いという話を良く耳にしますが、たしかに寝返りをすることで、日中疲労した筋肉を休ませる働きがあります。

個人的に私も寝相が良い方ではありませんが、ぎっくり腰が慢性化した時期がありましたが、医師から寝起きの5分間腰痛ストレッチを薦められ実践した結果、ここ4~5年は安定しています。
これもお試しください!

お勧め商品サイト

 

高反発マットレス モットンで自然な寝返りをサポート!
人は一日の内の3分の1は寝ており、この睡眠時に寝返りを打つことで筋肉を休ませているのです。
自然な寝返りをサポートするのに腰痛対策マットレス『モットン』がおススメ!です。

 

 

らくらく温泉腰サポーター
「らくらく温泉腰サポーター」を監修した監修専門作業療法士の林正春先生によると サポーターに頼りすぎると本来の筋力が弱まってしまうとのことなので信頼できるサポータの利用が重要です。

 

 

スタイルキーパー 座るだけで背筋がスッキリ
悪い姿勢や同じ姿勢で長時間座り続けると、腰への負担が大きくなり、腰や背中が疲れやすい・・・
そんな悩みを解消してくれるのが、ボディバランスクッション「スタイルキーパー」です。

 

お医者さんのコルセットがグレードアップ
二重構造のWクロスベルトがブレがちな腰椎を固定し、しっかり腰痛で痛めた腰のブレを支えることが可能になり腰痛に、より効果的になりました。