顔にシミができたらどうしますか?

-――目次――

顔にシミができたらどうしますか?
シミができる仕組み
しみができやすい部分
しみの種類と仕組み
シミの対処方法
お勧め商品サイト

 

顔にシミができたらどうしますか?
しみに必要になるケアは美白成分+傷ついた肌をケアする成分です。
スキンケアの場合は美白成分と保湿成分や美容成分が必要です。
紫外線によるシミのケアにはそのようなスキンケア製品を選びましょう。

 

シミができる仕組み

メラニン色素の沈着とターンオーバー
シミとは、皮膚内で続けられるメラニンという色素が沈着したものです。
メラニンとは、体内部を紫外線から守る働きをします。
通常メラニン色素はターンオーバー(新陳代謝)の働きで、28日間で剥がれ落ちて元の肌色に戻りますが、そのターンオーバーがうまくいかずに、シミとなります。
また、さまざまな理由からターンオーバーが正常なサイクルを保てず、乱れてしまうと、肌細胞そのものの質が悪くなってしまいます。
シミと同時にシワや乾燥、くすみなどの肌トラブルが起こりやすいのは、肌細胞そのものにまで紫外線などのダメージが影響しているためです。
28日のサイクルよりも短い周期で作られた肌細胞は、弱く乾燥しやすく、さらにダメージを受けやすくなります。
逆に、剥がれ落ちるはずの肌が28日以上たってしまうと、表面は硬くなり黒ずんでしまいます。

 

しみができやすい部分

日焼けの蓄積が起こりやすいところ。
髪の生え際や眉の上など部分的にできることもあります。
額全体にできるとかえってシミと言うことに気づかず、お手入れが遅れることも。

 

目の周り

目尻のあたりや、目頭と鼻の間のくぼんだ部分、
髪の生え際にできることが多い。

 

 

日光が多くあたりやすい、頬骨の高い部分にできることが多い。
化粧かぶれなどの色素沈着が起こることもあります。

 

 

口のまわり

口のキワにはできないが、口角から下の部分にできやすい。
また、上唇にできるとヒゲのように見えることも。

 

 

 

 

しみの種類と仕組み

肝斑
一般的にシミと言っているものの多くはこれにあたります。
褐色のシミが、額や頬、目や口の周りに左右対称に現れます。
肝斑は、表皮の中でも一番下の基底層にある色素形成細胞(メラノサイト)によって作られるメラニン色素が、日焼け後増大し、皮膚の中に沈着してできるシミのことです。

 

そばかす
ソバカスは、メラノサイトという細胞そのものが日焼けによって変質してできるもので、子供から大人にまで現れます。
紫外線を浴び続けていると色が濃くなったり、数が増えたりするので、気をつけましょう。
頬や鼻の周りに多く現れるほか、手足など体にも現れます。

 

スポット斑 (老人性色素斑)
高齢者の額から頬にかけて見られるシミです。
はっきりした原因は不明ですが、老化による皮膚の変化によると言われています。
しかし、早ければ20歳代でも現れる場合があり、「光老化性色素斑」とも呼ばれます。

 

肌老化によるシミ
実年齢に限らず肌が老化して起きるシミです。

乾燥肌やストレス、睡眠不足、紫外線対策をしないなど、肌が老化しやすい方に現れます。

 

 

その他

炎症性色素沈着
ニキビやかぶれ、やけど、アトピーなどの炎症が起こると、その物理的刺激や活性酸素によって色素細胞が刺激を受け、大量のメラニンを生成します。 それが排出されずに沈着してできるのが、炎症性の色素沈着で、肝斑とは区別して呼んでいます。
できる場所は顔だけでなく、全身に現れます。

花弁状色素斑
背中から肩にかけて出る、豆粒くらいの大きさのシミのことで、海水浴などで強い日光にあたった後、メラニン色素が過剰に発生してできます。
日光を浴びてから1~3ヶ月後頃に多く現れ、自分ではあまり見えない場所なので、気がつかないことも多いようです。

 

シミの対処方法

顔シミを消すためにはレーザー治療という方法があります。
お肌のシミでお悩んでいる女性のために、レーザー治療が受けられるクリニックがたくさんあります。
一口にレーザー治療と言っても、機器の種類や料金はさまざま。
そんななか、シミ消し効果がとくに高いと言われる、最新レーザーで治療が受けられるクリニックを選択されることをお勧めします。

都内有名クリニックでは、次のように価格範囲も相当の幅があります。
1ショット:1,000円~3,000円
顔全体(5回)80,000円~200,000円

シミを消すにはクリームタイプがおススメです。
簡単・安価・ノンリスクが特徴です。
美白・保湿化粧品として効果的といわれる成分は次の様なものがあります。
・安全性が高いとされるアルブチンを配合されているもの
・ハイドロキノンを高濃度で、自宅でも使えるようにと考えて作られたもの
・美白有効成分「ビタミンC誘導体」、高保湿成分「ヒト型セラミド」を配合されたもの
・肝斑にいいと言われるトラネキサム酸が配合されたもの
・シミ治療の特効薬と言われている「新安定型ハイドロキノン」

シミを隠すメイクには「肌に良い化粧下地」が絶対必要
顔のシミをメイクで隠すのはお勧めできないが、できちゃったシミは簡単に消えないものもあります。
でもメイクはすればするほどシミが増えることもありますが、どうすればいいのでしょうか?
だったら、お肌に良い化粧下地をうまく使うことで新しいシミを作らない方法があります。
シミを隠すメイクの極意は「化粧下地」にあったのです!
ファンデーションとコンシーラーの順番でシミを隠す「カバー力」は激変します。
ファンデとコンシーラーの正しい順番で最低限のメイクでカバーする方法がありますので実践してみてください。

 

お勧め商品サイト

 

 

 

関連サイト

たった3秒 老け顔解消 ホワイトHQクリーム

何を使ってもくすみの点に実感できなかった方に頑固な肌トラブルを解決する本格スキンケアがあります。純ハイドロキノン5%配合 ランテルノ ホワイトHQクリームでシミやくすみのない若々しいお肌を実現します。

【初回980円】紫外線&シミ対策の飲むサプリ マスターホワイト

いつまでも光を気にせず、見た目年齢が実年齢より若く感じるために!マスターホワイトは太陽対策の事を真剣に考えて専門家監修もと誕生しました。

年とともに増える 顔のシミ・そばかす 肌ケア

年とともに増える「顔のシミ・そばかす」そのままだと、将来は大変なことに、美白・保湿・肌あれ予防・角質ケア・マッサージ 5つのケアを一気に叶える。

 

 

コメント