膝の関節痛 加齢と足の形状との関係

健康

 

階段の上り下り、歩行のお悩みの方が増加
加齢と足の形状との関係

 

「年齢とともに膝の痛みが強くなってきた」 と訴える人は多くおられます。
「膝の痛み」があると体を動かさなくなり、膝関節周囲の筋肉が衰え、ますます症状を悪化させるという悪循環になります。

また、痛みのある方の足を庇うため、もう一方の足に負担がかかり、痛みのなかった方の足にも問題を抱えることになりかねません。

1.膝の痛み・関節痛について
膝関節にケガを負った・損傷・変形・炎症が出た場合、痛みを感じやすくなります。
腫れて痛むことも、水が溜(た)まることもあるでしょう。
先天性の異常が原因で起こることもわかっています。
加齢ともに起こる痛みは、変形によるもの、関節リウマチが原因で痛みを発症することもあるのです。

2.膝を曲げると痛みが出る原因は?
膝の痛みがケガなのか、病気なのかわからないときもあるでしょう。
考えられる原因や病気について調べてみました。

鵞足炎はスポーツでのオーバーユースで、疲労が溜(た)まり、膝周辺の筋肉や靭帯(じんたい)に炎症が起こります。
ランニングや屈伸で膝に痛みを感じることが多い症状です。

半月板損傷は膝軟骨組織である半月板が傷つき、水が溜(た)まるようになり、外傷・加齢による変形などが原因です。
歩行が困難になるケースもあり、症状の重さによっては手術と判断されます。
膝の痛みがある間は、サポーターで固定しましょう。

スポーツ外傷はスポーツで靭帯(じんたい)を損傷するケースがほとんどで、着地を誤ることで起こるでしょう。
腫れて動きが制限され、慢性化したら水が溜(た)まることもあります。

変形性関節症は加齢によって軟骨がすり減る病気です。
症状が進むごとに、屈伸や歩行時の痛みが増していきます。
日常生活にも影響が出やすく、膝がギシギシと鳴ることもあるでしょう。
女性に多い疾患です。

 

膝の痛みを発症しやすい人は足の形状との関係

 

X脚だと重心が外側へと傾きO脚だと内側に重心が寄るため、重心がかかる方の軟骨がすり減っていくのです

曲げたときの痛みは、軟骨の減少が発生しているためだとされています。
変形性関節症では、加齢が原因であるため、中年期以降の特に女性が発症しやすく、肥満傾向の方も発症しやすい疾患ですので、女性の体重管理はしっかり行ってください。

3.膝が痛むときの対処法
膝は、歩く・座る・立つといった動作のすべてにかかわっており、異常があるだけで生活に影響が出てしまいます。
痛いと思ったら、すぐに整形外科を受診しましょう。

膝が痛みは病院で治す
運動をした直後に痛みを発症したといった、原因が明確なものは様子見でも問題ありません。
しかし、いつまでも痛みが引かない場合は、整形外科を受診した方が安心です。

膝の問診・視診を行い、必要に応じて炎症範囲を特定するため、レントゲンやMRIを行います。
重症ではないなら、内服・外用・注射などの処置を行い、数回の通院で回復するでしょう。

一連の治療で成果が出ない場合、関節鏡を使った手術を行います。
関節鏡は切開せずにでき、体への負担も少ない手法です。

膝の痛みをセルフケアする
病院を受診した方でも、様子見の方も、ご自宅でセルフケアをしてみてください。

患部を冷やす
まず、無理に動こうとしないことで、安静は早期回復に必要です。
腫れや痛みがある部分をアイシングしていた後、湿布で炎症を鎮めるといいでしょう。

 

おすすめのサプリメントは?

 

グルコサミンコンドロイチンが関節に効くということを聞いたことはありませんか?
サプリメントも流通していますが、なかなか効果が出ずに悩んでいる方もいるでしょう。
たしかに、グルコサミンやコンドロイチンも膝軟骨を構成する成分です。

しかし、グルコサミンやコンドロイチンは体内で糖とアミノ酸に分解されてしまい、本当に軟骨成分を補えるかどうかは疑問視されています。

そこで、おすすめなのが非変性Ⅱ型コラーゲン「UC-Ⅱ」を配合したサプリメントです。

Ⅱ型コラーゲンは軟骨の約20%を占める成分で、関節をスムーズに動かす上で重要な役割を担っています。
グルコサミンやコンドロイチンの占める割合が5%ですので、いかに大きな割合を占めているかがわかるでしょう。
「UC-Ⅱ」の最大の特徴は、体内に入ってもⅡ型コラーゲンの形が壊れず、そのままコラーゲンとして取り込めるということです。

膝の痛み・関節痛に効く薬
消炎鎮痛剤の内服薬や湿布薬、塗り薬が有効?
<消炎鎮痛剤の種類>
・内服薬—-痛みや炎症に有効
・湿布薬—-冷やしたり温めることが目的ではなく、皮膚を経由して薬を患部に送り込む
・塗り薬—–クリーム剤、軟膏、液剤。 成分は湿布薬とほぼ同じ
・坐薬——-強い痛みに有効

内服薬は副作用が無ければ痛みをしのぐには良いのですが、1週間たっても同じ症状が続いたり症状が悪化する場合などは医師に相談してください。
ひじや膝など湿布薬が貼りにくい部位には塗り薬を使用し、その上をサポーターで保護するとよいでしょう。

しかし、膝の痛み・関節痛に効く薬「消炎鎮痛剤の内服薬や湿布薬、塗り薬」のすべては痛みを和らげるものであって、痛みの原因を取り除くものではありません。

痛みの原因である「関節軟骨」を補うのが、次に揚げる各種サプリメントです。

是非、最適なものをお選び、お試しいただき、日常生活をエンジョイしてください。

 

膝の痛み・関節痛記事一覧

 

ありがとうイカのコンドロイチン


株式会社あしたるんるんラボイカ軟骨E型コンドロイチン【ありがとうイカのコンドロイチン】ひざの関節などに悩みのある方に人気のコンドロイチンです。 イカ軟骨の新型コンドロイチンであるE型コンドロイチンを使用した 「ありがとうイカのコンドロイチン」の販促プロモーションです。 今までのコンドロイチンの5倍!…
》》》続きを読む

 

リフリーラ 長州力さんもお勧め ひざサポーター

軟骨が減ることで、膝関節がぐらつき歩行などの日常生活にも支障を来すことになります。
また、変形性関節症(O脚、X脚)の方は予防のためにひざサポーターが有効です。
特に、剣道をされる方には、蹲踞ができなかったり、ふらついたのでは昇段審査への受審資格が無いとまで言われています。
》》》続きを読む

 

関連サイト

AIMという物質が注目!

まだ研究中だそうですが、東大の最新の研究でAIMという物質が人のAGE削減にも効果が期待されるというのです。

朝ドラ エール 新たな夢とは

裕一は、作曲家として、声楽家の音に引導を渡す。そんな状況では「舞台に立つべきではない。お客さんに失礼だ」と告げる。

自己管理のスキル

コーチングをする際、「どういう態度で臨むか」ということについての技術です。

コーチング実例 剣道全国大会に向けて

予選大会でベスト8のレベルなので、全国に通用する実力ではないが、折角得た貴重な経験を生かすために少年選手と話し合いをしました。

答えの持ち主が移動

答えの持ち主である「顧客、社員、市民、生徒、部員」であることから、「彼ら本位のマネジメント」と、と言うことになるのでしょう。

コメント