骨が若返る方法とは!

美容

シワやほうれい線が目立つ理由

40代以降になって、骨密度が低くなると顔の骨も縮んで、

シワやほうれい線が目立つようになるそうです。


下あごの骨密度測定(女性)
20~40才 1.53
41~60才 1.33
61才~  1.18
seesaa126.jpg

 

 

骨密度低下の理由

 

日光(紫外線)をあびる時間が少なく、ビタミンD不足
春秋は15~20分、冬は1時間は、夏なら10分ぐらい、衣服を通さず、肌をさらして紫外線をあびる必要があります。
体脂肪が少ない
閉経により、女性ホルモンが減ると、骨密度が減ります。
脂肪から、男性ホルモンを女性ホルモンに変える成分は出るけれども、体脂肪が少ないと、それができなくなります。
seesaa125.jpg

体重が少ない 
骨に重力がかからないので、活性化しなくなります。
だから、小柄でやせていると、体重がかからないので、骨密度が下がります。
骨トレで骨密度を上げる
40代から気をつけないといけない骨ですが、若返らせる方法があります。
骨は新陳代謝を繰り返しています。

骨を壊す働きをする細胞が、古くなった骨をこわすと、新しい骨を作る細胞が修復します。
ところが、歳をとると、骨を壊す働きをする細胞が活発になる一方、骨を作る細胞の働きが弱まり、骨密度が低くなります。

そこで、かかとに衝撃を与えると、振動が全身につたわり、骨を作る細胞が活性化します。

さらに、そのときに、オステオカルシンというホルモンがでてきます。
これは、骨の中から血管をとおして全身に広がり、骨だけでなく肝臓や心臓に、若返りのメッーセージを送ってくれます。

かかと落とし
骨を強くする運動はかかと落としseesaa127.jpg
かかと落としをすると、振動が全身の骨に伝わり、骨を作る細胞が活性化し骨密度が高くなるそうです。
垂直荷重方向に1日50回、わけて行ってもOKです。

あさイチでも40代からの老化対策・骨が若返る方法について紹介されていました。

かかと落としだったら簡単にどこでも出来るので、1日50回気がついた時にやればいいですね。

 

オステオカルシン

 

オステオカルシンは骨を骨の中から血管を強くして全身に広がります。
骨が強くなるだけじゃなく、さまざまな臓器に若返りのメッセージを送ってくれるそうです。

認知機能アップ、脂肪肝予防、コラーゲンアップ、筋力アップ、栄養の吸収アップなどたくさんの効果が期待できるとのことです。

認知症予防などにも期待のスーパーホルモン・オステオカルシン
「ホルモンの一種、オステオカルシンは、血液を通して全身に運ばれ、多くの臓器に『元気に働け!』と

活性化させるメッセージを送っています。

オステオカルシンは、血糖値を下げる働きがあるため、糖尿病やメタボ予防、動脈硬化を防ぐほか、脳にも働きかけるため、認知症の予防など、多くの事例が報告されています。
さらに、コラーゲン生成もサポートするため、ハリのある美肌づくりにも役立ちます。
美と健康に欠かせないスーパーホルモンなのです。
骨芽細胞から出て全身に運ばれる
認知症予防、若返り効果、美肌づくりなど、多くのパワーを秘めるオステオカルシン。
その正体は、“骨芽細胞”から分泌されるたんぱく質の一種です。
「骨には、新たな骨を生成する“骨芽細胞”と、古い骨を壊す“破骨細胞”があり、両者がバランスよく働くことで骨は新陳代謝を繰り返しています。
この新陳代謝が活発なほど、丈夫な骨が形成され、オステオカルシンもよく分泌されます」

骨ホルモンが減ると、さまざまなリスクが高まる

●免疫力が低下する
健康な体でも日々がん細胞が生まれているとされる。オステオカルシンには、免疫力を高め、がん細胞の増殖を抑えるという研究結果もあります。


●寝たきり生活に!?
オステオカルシンは筋肉を増やす働きも持つため、減ると筋肉が衰えて運動能力が低下し、寝たきり生活を余儀なくされることもあります。

●太りやすくなる
オステオカルシンが不足すると血糖値が上昇しやすく、太りやすい体質に。急に上がった血糖値がガクンと下がり、甘い物を欲するようになることもあります。
●認知症のリスクが!?
オステオカルシンは脳にも働きかける。ニューロンと呼ばれる神経細胞を活性化させ、記憶力や認知機能を高めるという実験結果もあります。
●しわやたるみが増える
骨がやせて縮小すると、皮膚が余ってしわやたるみの原因に。さらに、オステオカルシンは質のいいコラーゲンを生成するため、不足するとますますハリのない肌になります。

 

 

出産を経験したお母さんの骨量回復に

出産を経験したお母さんだけの骨量アップ時期!それは、産後の生理が開始してから1年間がその時期なのです。

ここ時期に、しっかりカルシウムを補給することで、妊娠や授乳で減少した骨量を回復することができるのです。

カルシウム補給サプリ【こつこと習慣】をお勧めします。seesaa190.jpg

カルシウム補給サプリ【こつこつ習慣】とは?

出産を経験したお母さんだけの骨量アップ時期!それは、産後の生理が開始してから1年間がその時期なのです。ここ時期に、しっかりカルシウムを補給することで、妊娠や授乳で減少した骨量を回復することができるのです。

 

関連サイト

 

しょうがパワーで夏の疲れを解消できる

【あさイチ】では「しょうが(生姜)」の特集を組んでいましたので関心をもって観ていました。
しょうがには、ダイエット効果があり、夏にも生姜を食べると様々な効果が有り、しょうがパワーで夏の疲れを解消できます。

高濃度EPA さらさら青魚

EPAの原料は希少で高価なことから、極めて困難でありましたが、当製品はEPA含有量(率=26%)です。
【さらさら青魚】本物のサプリメント!業界NO1クラスを完成しました。

飲食業転職支援フーズラボエージェント

外食産業、飲食業界特化の転職支援サービスとして年間約1,000名以上の実績があります。
一都三県の外食企業、飲食店から求人の依頼を頂いており、非公開求人、優良企業の求人を揃えております。

筋肉隆々で毛深いスポーツマンは男らしい!

女性の目線では73%が毛深い人はNGとの評価です。
除毛クリームを使って、清潔感のあるツルツル・スベスベ肌でモテる人生を楽しみましょう。

エンジニア養成スクール TECH::EXPERT

ホリエモンが絶賛!エンジニア養成スクールとは?プログラミングは超絶カンタン!それは事実です。
エンジニアの求人倍率は7倍以上で、高い技術さえ身につければ、今後のキャリアに困ることはほとんど無くなります。


コメント

  1. […] 骨が若返る方法とは! […]