心の病

心の病

うつ病は秋に要注意

厳しい暑さが続く夏が終わり過ごしやすい秋に要注意! 秋冬独特のうつ病というものがあります。 体はまだ夏モードなのに、脳は秋冬モードで休みがちという状態が原因です。 体は夏の活発さを感じて動きたがるのに、思うように体が動かなくて気分が落ち込む事になります。
心の病

生活習慣と心の病

夏休みはまだ10日もある、さあ~頑張ってやるぞ! 同じ日数で同じ宿題の量なのに、考え方ひとつで気の持ち用と今後の展開がガラッと変わります。 心理的要因を取り除く策として、以上の様に日頃の習慣として、物事、ポジティブに捉えられれば、随分と楽になりますよ! クヨクヨしないことが一番・・・
心の病

自殺の予兆と予防

自殺が起きる背景には、様々な要因が複合的に絡み合っていいます。 心の病の中でも、うつ病がもっとも自殺との関連が強いのですが、うつ病の治療には、今では副作用が比較的少ない安全な抗うつ薬 が開発されていますし、各種の心理療法も編み出されています。怖いのは、気づかずに放置することです。
心の病

子供が腹痛で朝起きれなかったら

どうしたの?どこが、どの様に痛いの? チクチクするの? キリキリなの? 下痢気味なの?・・・・ 医者は特にお腹を壊した様子はなく、神経性からくる胃炎の様なものなので、お薬を出しておきます。 それからも、数日に1回は同じような症状が出て、学校を休むことが増えてきたので、心療内科へ連れて行きました。
心の病

子供の心の病 事例

現在の児童生徒には、肥満・痩身、生活習慣の乱れ、メンタルヘルスの問題、アレルギー疾患の増加、性に 関する問題など、多様な課題が生じている。また、身体的な不調の背景には、いじめ、児童虐待、不登校、貧困 などの問題もあるが、文科省も課題であることは認めているものの、教育現場での実態は程遠いものがある様です。
心の病

心の病 事例

うつ病、統合失調症など多くの心の病気では脳内の神経伝達物質の働きに問題が生じている事がわかっています。 神経伝達物質の働きを決める要素として、神経伝達物質を分解する酵素、神経伝達物質が結合する受容体の構造などは遺伝子レベルで決まるので本人の生まれつきの要素は心の病気の大きな原因の一つになります
心の病

ご主人が心の病にかかったら

もしも、ご主人が心の病にかかったら? 何か疲れているように見える、うつ病だろうか、病院に行かせた方がいいのだろうか? などと、ご心配でしょうが、今できることを理解して焦らず取り組んでみてください。