議員の資質

議員の資質

国会議員はフットワーク

国会議員の本来の仕事は法律をつくることだが… 国会は立法府ですから、国会を支える国会議員の本来の仕事は法律をつくることです。 他にも予算や外国との条約の検討、及び採決、内閣総理大臣の指名、政策立案などの重要な仕事を任されています。
議員の資質

自分と近い考えの持ち主へ

もう一度、経済大国に戻れば、法人税収は伸びるし、労働者・勤労者の所得が上がり、消費が伸び・・・消費税も伸びれば増税も社会保障も万々歳なはずです。 こんな考えを持っていますが、同じような考えや志を持った政治家を探して、一票を投じたいと思います。
議員の資質

国会議員は政策提案型

国会議員になったからには、ご自分の理念を政策化して議員提出議案として通す信念を持って欲しいものです。そのような候補者を選びたいものです。
議員の資質

自分のスタイルを確立しているか

平成の初めに行われた政治改革の結果、政治家が自分のスタイルを確立できている者が少なくなったと嘆く声を聞くことが多くなってきた。 そのような現状を打開するために、「政策本位」、政治家個人の「信念や信条」確認して候補者選びをしたいものです。
議員の資質

情報発信力が強み

政治家の情報発信力と言えば、アメリカのトランプ大統領のことが、思い浮かびます。 彼のツイッターの影響力は全世界を動かし、景気までに左右させ、株価・為替の変動にも影響しています。 これほどの政治家は日本には居ないとしても、効果的にSNSやブログ、さらには会報誌や駅立ちなどで情報を発信している政治家は多数います。
議員の資質

情報収集力の強さ

今の時代、情報を得ようとすれば様々な角度から多数の情報を得ることができますが、生かすことができるのは政治家ご本人です。 取捨選択の技量の方が重要なことかもしれませんね?
議員の資質

立候補の目的が明確か

議員に当選することは、目的ではなくあくまでも手段であり、なんのために立候補を決めたのか、候補者の政治理念や、政治的課題が明確かどうかを見極める必要があるといいます。
議員の資質

政治家としての資質

この度の参議院選挙で候補者を選ぶポイントはどこに有るのでしょか? 争点は年金や消費税、そして憲法改革などがある様ですが、あくまでも党首の考え方で、我々が選ぶのが議員候補者です。 地元の代表として、地元の諸事情をどれだけ把握して、それを国政に反映できるか、候補者の力量や人間性について見極めなければなりません